信州大学HOME

facebookCOVID-19english

Menu

教員一覧

ナノ・マイクロスケールの分子集積化学

西村 智貴
教員氏名
西村 智貴
職名
助教
所属
化学・材料学科
研究分野

分子集積化学、高分子ベシクル、温度応答性高分子、生体機能材料

研究課題

(1)分子組織体のナノ・マイクロスケールでの構造制御と機能発現
(2)分子組織体のナノバイオ材料・システムへの応用

出身校
北九州市立大学
SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
一言コメント

分子や分子組織体をデザインして「つくり」、その構造や機能を「しらべる」ことにより、
分子集積化学における新しい概念を創出すると共に、新たな機能性ナノ・バイオ材料の創製を行っています。

研究紹介

分子組織体を創り、理解し、使う

両親媒性のブロックポリマーやグラフトポリマーは、自己組織化することにより、ミセル、シリンダー、チューブ、ディスク、ベシクルなど多彩な集合体を形成することが知られています。一方で、これらの集合体を自在に作り分けることや、大きさを制御することは容易ではありません。そこで、私たちは、様々なポリマーを合成・設計し、どのように自己組織化するのかをX線や中性子などの量子ビームや電子顕微鏡などを用いて明らかにして、分子組織体の構造やサイズを自在に制御する手法の開発に取り組んでいます。同時に、分子が組織化することで発現する機能についても調べています。さらに、その分子組織体を用いてDDSナノファクトリー、人工細胞材料、人工分子チャネルなどのナノバイオ材料・システムへの展開も行っています。

 

 
両親媒性ブロックポリマーが形成する細胞サイズの高分子ベシクル   人工分子チャネルとして機能する高分子を組み込んだ
リポソームの模式図

 

≪研究から広がる未来≫


これまでに、私たちが開発した高分子ベシクルを用いて、くすりを疾患部位で産生するナノデバイスの構築に成功しています。さらに、性能を高めることにより、高い治療効果かつ副作用を低減できる医療技術につながると考えています。

  • 大学院の教育
  • 教員一覧
  • 特色ある取り組み
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者・卒業生の方へ