信州大学HOME

facebookCOVID-19english

Menu

教員一覧

筋(線維)パフォーマンスに関する研究をしています

教員氏名
吉武 康栄
職名
教授
所属
先進繊維・感性工学科 感性工学コース
研究分野

運動生理学,神経科学,バイオメカニクス

研究課題

(1)効率的に(素早く・大きく・筋疲労が少なく)力を発揮する生理学的メカニズム
(2)精確に力を調節する生理学的メカニズム
(3)効果的な運動学習機能
上記について,ヒトの筋レベルおよび筋線維(運動単位)レベルでの筋電図測定を中心に,最近では脳機能測定(経頭蓋磁気刺激法,脳波)や画像診断法(超音波Bモード,エラストグラフィ)も加えて,統合的に解明を試みる.

出身校
大阪市立大学工学部(学部)、京都大学大学院人間・環境学研究科(大学院)
SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
一言コメント

一見役に立たないように見えるヒト神経・筋機能の基礎研究を重要視しています.

研究紹介

何の役に立つかわからないが,ヒトの生体機能を解明する面白い(かもしれない)研究

現在では,目に見えてわかりやすい人類の役に立ちそうな(≒経済を動かす)研究が重宝されています.一方で,我が研究室では,何の役に立つかわからないかもしれないが,「こんな面白いヒト生体の機能,どうなっているの??」という知的好奇心に基づいて,国際級の研究を進める方針です.特に,ヒトの身体運動の制御機能の解明に取り組んでいます.

 

  吉武研究室が取り組む各種研究テーマの測定風景

左上:走パフォーマンスの規定因子
右上:運動中の大脳興奮様相
左下:力制御機能
下中:スポーツ動作中に発現する不随意的動作
右下:筋・腱の振る舞い
  • 大学院の教育
  • 教員一覧
  • 特色ある取り組み
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者・卒業生の方へ