信州大学HOME

facebookCOVID-19english

Menu

教員一覧

村井 一喜

村井 一喜
教員氏名
村井 一喜
職名
助教
所属
化学・材料学科 機能高分子学コース
研究分野

生体模倣化学、ソフトマテリアル、界面化学

研究課題

(1) バイオミネラリゼーションの研究
超精密な有機成分と無機成分の秩序構造を穏やかな環境で作り出す形成プロセスの解明
(2) ソフトマテリアルの創製
多量の水分を含むハイドロゲル 等の機能性材料の開発

出身校
名古屋工業大学
SOAR
研究者総覧(SOAR)を見る
一言コメント

生物が進化することにより獲得してきた機能を、観て・学び・模倣することで、これまでにはわからなかった現象や、新しい機能性材料の研究開発を行なっています。

研究紹介

生体に倣う環境調和型プロセスによる機能性材料の創製と医療応用

生物の有するバイオミネラル (歯や骨、貝殻など) は、常温常圧の穏やかな環境下にて構築されるにも関わらず非常に優れた機能を有しています。そのため、生物が行なっているバイオミネラルの構築プロセスを学び、模倣することで環境負荷の小さなプロセスにより、バイオミネラル様の材料創製が可能になると期待されています。本研究室では、生物から学び・倣う物作りを目指し、研究を行っています。

 

 
有機成分と無機成分が作り出すナノレベルのファイバー構造。   95%が水から構成されるソフトマテリアル (ハイドロゲル)。

 

≪研究から広がる未来≫


生体機能に倣う構造制御技術の理解に基づく科学技術の発展は、次世代の環境調和型製造プロセスにより生体系での優れた機能性材料であるバイオミネラルをも超える"究極の機能性材料"として、次世代の安心・安全社会の形成に寄与すると考えられます。

  • 大学院の教育
  • 教員一覧
  • 特色ある取り組み
  • 企業・一般の方へ
  • 在学生の方へ
  • 保護者・卒業生の方へ