shinshufiber
index
  • top
  • examination
  • curriculum
  • research
  • graduation
  • garaduation-college
  • photogallery

教授陣・研究 Professor & Research


“DNAから生態系まで” が合言葉

応用生物科学科では、様々なバックグラウンドを持つ教員が生物学的・生化学的研究を展開し、応用技術の開発にも精力的に取り組んでいます。平成20〜27年度入学生に対しては、バイオサイエンス色の強い教員とフィールドサイエンス色の強い教員に大別し、それぞれ「生物機能科学課程」、「生物資源・環境科学課程」として教育・研究指導を分担していますが、平成28年度以降の入学生にはその "垣根" は取り払いました。 「生物多様性の重要さ」を地で行く22名の応生教授陣が学生諸君の各種経験値を高めるお手伝いをします。

【 応用生物科学科 】
教 授 海老沼 宏安 [資源]
    植物ゲノム工学
ebinuma
 梶浦 善太 [資源]
  昆虫分子遺伝学
kaziura
◎ 志田 敏夫 [機能]
    分子生命科学
shida
★ 下坂  誠 [機能]
    応用微生物学
shimosaka
 玉田  靖 [資源]
    バイオマテリアル
tamada
 林田 信明 [資源]
  植物生理学
hayashida
 平林 公男 [資源]
    陸水生態学
hirabayashi
 保地 眞一 [機能]
  動物発生工学
hochi
○ 森脇  洋 [資源]
   分析化学
moriwaki
准教授 新井 亮一 [資源]
  タンパク質工学
arai

基盤研究支援センター 【 遺伝子実験支援部門 】
准教授  松村 英生
  植物機能ゲノム学
muramatsu

准教授  塩見 邦博 [資源]
  環境分子昆虫学
shiomi
 白井 孝治 [資源]
  昆虫生理学
shirai
 田口 悟朗 [機能]
  応用生物化学
taguchi
 野川 優洋 [機能]
  植物分子育種学
nogawa
 野村 隆臣 [機能]
  機能生物化学
nomura
 堀江 智明 [資源]
  植物分子生理学
horie
 山本 博規 [資源]
  環境微生物学
yamamoto
助 教  高島 誠司 [機能]
  幹細胞生物学
takashima
 根岸  淳 [機能]
  生体工学
negishi
 矢澤 健二郎
  生体分子機能工学
yazawa

  
助 教  小笠原 寛
  微生物ゲノム工学
ogasawara

顔写真をクリックすると信州大学研究者総覧 (SOAR) で当該教員の履歴や研究業績にアクセスできます。
★ 繊維学部長、◎ 学科長 [B1-3] (生物機能科学課程長 [B4])、○ 分野長 [M1-2] (生物資源・環境科学課程長 [B4])



'17-18 発表論文 PICK UP !!


(プレスリリース)
 
自然科学研究機構 生命創成探求センター 小林 直也 博士研究員らとの共同研究により、人工タンパク質 (WA20) を鎖状連結するタンパク質ナノブロック (ePN-Blocks) を新たに設計開発し、組み合わせて合体させることにより直鎖状複合体や超分子ナノ構造複合体を創り出すことに成功しました。 本研究のタンパク質ナノブロック戦略は今後、日本発祥の先進的分子技術の一つとして、ナノテクノロジーや合成生物学のさらなる発展に貢献すると期待されます。
Self-assembling supramolecular nanostructures constructed from de novo extender protein nanobuilding blocks. ACS Synth Biol 2018; 7: 1381–1394. Kobayashi N, Inano K, Sasahara K, Sato T, Miyazawa K, Fukuma T, Hecht MH, Song C, Murata K, Arai R.

(プレスリリース)
 
精子幹細胞の生存・増殖はグリア細胞株由来神経栄養因子 (GDNF) が、そして精子への分化はレチノイン酸 (RA) が担っています。2015年に線維芽細胞増殖因子2 (FGF2) も精子幹細胞の増殖を促進することを見い出し、今回さらに、FGF2によって増殖したマウスの精子幹細胞はより分化しやすい性質を持ち、分化誘導因子RAの作用を強める働きを持つことも明らかにしました。 この成果は、精子幹細胞が精子を生み出す原理の理解だけでなく、男性不妊症の原因解明やその治療法の開発にもつながります。
FGF2 has distinct molecular functions from GDNF in the mouse germline niche. Stem Cell Rep 2018; 10: 1782–1792. Masaki K, Sakai M, Kuroki S, Jo J, Hoshina K, Fujimori Y, Oka K, Amano T, Yamanaka T, Tachibana M, Tabata Y, Shinozawa T, Ishizuka O, Hochi S, Takashima S.



(表紙アートを飾る)
  カンキツ類は健康増進効果が期待されているフラボノイドdi-C−配糖体を蓄積します。本研究では、このフラボノイドdi-C−配糖体生合成を担う「C−配糖化酵素」をキンカンとミカンから初めて同定して、その酵素反応性の解析を行いました。 その結果、これらカンキツ類では、1つのC−配糖化酵素によりフラボノイド1分子に2分子の糖が転移される生合成経路を明らかにしました。さらに、この酵素を発現させた大腸菌を利用して、フラボノイドdi-C−配糖体を生産する系を確立しました。
C-Glycosyltransferases catalyzing the formation of di-C-glucosyl flavonoids in citrus plants. Plant J 2017; 91: 187–198. Ito T, Fujimoto S, Suito F, Shimosaka M, Taguchi G.

 
太陽エネルギーを利用した水の浄化法を開発できないか? そう考えた私たちは、太陽の光に応答する新しい光触媒 (ペリレンをシリカゲル上に担持させた材料 : Pe/SiO2) を開発しました。 この触媒により、水中に存在する染料の一種であるメチルオレンジや残留性の高い有機汚染物質であるペンタクロロフェノール、ミツバチが巣からいなくなるという現象 (蜂群崩壊症候群) の原因物質の一つに考えられているイミダクロプリドを太陽光で分解できることを明らかにしました。
Photodegradation of environmental pollutants using perylene adsorbed on silica gel as a visible-light photocatalyst. Appl Catal B 2017; 204: 456–464. Moriwaki H, Akaishi Y, Akamine M, Usami H.