お問い合わせ 交通・キャンパス案内 信州大学HOME
信州大学工学部 電子情報システム工学科

佐藤 光秀

自動車社会の未来を拓くフリーピストンエンジンリニア発電システム

フリーピストンエンジンリニア発電システムは、クランクやカムといった動力変換機構が不要となるため、効率改善への期待が大きい

フリーピストンエンジンリニア発電システムは、クランクやカムといった動力変換機構が不要となるため、効率改善への期待が大きい

フリーピストンエンジンリニア発電システムの発電実験

フリーピストンエンジンリニア発電システムの発電実験

研究室では、フリーピストンエンジンリニア発電システムに関する研究を進めています。本システムは、次代のハイブリッド自動車用エンジン発電機として注目されています。それは、リニア発電機を用いており、燃焼エネルギーをダイレクトに電力変換可能となるため、損失低減への期待が大きいためです。本研究室では、発電効率の向上を目的に、発電機設計やインバータ発電制御のシミュレーションを行っています。また、模型用エンジンを利用した発電実験により、ピストン動作が効率に与える影響について研究を行っています。

研究から広がる未来

世界各国で自動車の燃費向上に向けた研究開発が盛んに進められています。 本システムは、自動車社会の未来を拓く礎になるものと確信し、研究を進めています。

卒業後の未来像

電機メーカ、電子部品メーカやインフラ企業に技術者として就職します。 研究室では「物理的思考力」の養成と、自立して力強く社会に貢献するための「人間力」向上を目指します。

プロフィール

2011年3月東北大学大学院博士前期課程修了。㈱東芝、長野県工科短期大学校電子技術科講師を経て、2019年より現職。博士(工学)(信州大学)。研究分野は電気機器で、主にリニアモータ・リニア発電技術に関する研究。

電子メールアドレス
研究者総覧(SOAR) 詳細を見る
オフィスアワー 居室:W6棟-403室   メール予約で随時