お問い合わせ 交通・キャンパス案内 信州大学HOME
信州大学工学部 電子情報システム工学科

橋本 昌巳

自然なヒューマンコンピュータ インタラクションを目指して

視線検出を利用したソフトウェアキーボードの研究。ディスプレイ下部のUSBカメラで利用者の眼の動きを検出している。

視線検出を利用したソフトウェアキーボードの研究。ディスプレイ下部のUSBカメラで利用者の眼の動きを検出している。

脳波を利用したインタフェースのシステム構成図。特定の刺激を意識したことを、脳波から察しようとする試み。

脳波を利用したインタフェースのシステム構成図。特定の刺激を意識したことを、脳波から察しようとする試み。

橋本研究室では、身体の様々な情報を取り出し、医療やコミュニケーションに利用することに取り組んでいます。通常の機器ではコミュニケーションをとりにくい障がい者の支援方法にも取り組んでおり、最近では視線を利用した入力装置や視覚や聴覚による刺激に対応する脳波を解析した入力手法を研究しています。医療に役立つ分野の計測として、加速度センサによる身体のバランス評価やいびき音の解析など、体にまつわる広い分野を手掛けています。

研究から広がる未来

ヒトが行動しようとするとき、身体からは様々な情報が発せられています。自分が興味を持つものに視線を向けるでしょう。脳波や筋電位は思考や行動に伴って発生する身体の電気的変化の表れです。このような様々な身体の情報で何が分かり、何に利用できるかは尽きません。ユビキタスの社会への入り口として、誰でも自然に扱えるインタフェースを目指しています。

卒業後の未来像

約半数の学生は修士課程に進みます。主たる就職先は情報産業・電機メーカーですが、研究に興味をもち、医療機器メーカーに就職する学生もいます。

プロフィール

1994年より信州大学助手、2007年から現職。研究分野は生体情報計測やヒューマンインタフェース。

電子メールアドレス
研究者総覧(SOAR) 詳細を見る
オフィスアワー 部屋:2F 210室

メール連絡で随時対応します。