お問い合わせ 交通・キャンパス案内 信州大学HOME
信州大学工学部 電子情報システム工学科

小林 一樹

インタラクションデザインと スマートアグリガジェット

機能に気づかせるリモコンエージェント(左)と農園観測装置(右)

機能に気づかせるリモコンエージェント(左)と農園観測装置(右)

農業情報公開サイト「農ライブ」

農業情報公開サイト「農ライブ」

小林研究室では、インタラクションデザインに関する研究と情報通信技術(ICT)を用いた農業に関する研究に取り組んでいます。インタラクションデザインとは人間とロボットやソフトウェアとの間でやりとりされる情報とその処理過程をデザインすることです。一方的にロボットやソフトウェアなどに仕事を任せるのではなく、人間とのやり取りを通して、人間が得意なことと機械が得意なことを考慮して、協調的な問題解決を目指します。また、その応用として農業に情報通信技術を導入することで、データに基づく科学的で効率的な農園管理方法についても研究しています。

研究から広がる未来

私達の身の回りは便利な工業製品であふれています。しかし、そういった機械は本当に便利でしょうか?人間には非常にうまく周囲に適応する能力があります。慣れてしまっただけで、実は不便な部分がたくさんあるのではないでしょうか。人間の気持を悟り、気の利く機械があったらと想像してみてください。当研究室ではそんな未来を少しずつ拓く研究を行っています。

卒業後の未来像

自分から率先して問題を見つけ、持っている知識と技術で主体的に問題解決に取り組むことは非常に大切です。しかし、知識や技術を持っていなくても、想像力を発揮して、より難しい問題に挑むことはもっと大切です。そのような、挑戦し続けられる人物になることを期待しています。

プロフィール

総合研究大学院大学修了後、関西学院大学 博士研究員を経て、2013 年より現職。研究分野はヒューマンロボットインタラクション、ヒューマンージェントインタラクション、ICT農業など。

電子メールアドレス
研究者総覧(SOAR) 詳細を見る
個人サイト http://kazukik.weebly.com/
オフィスアワー 部屋:2F 207室

メール予約で随時