お問い合わせ 交通・キャンパス案内 信州大学HOME
信州大学工学部 電子情報システム工学科

川原 琢也

レーザー光を用いて地球大気と宇宙との境界領域を探る。極域大気の温度変動を計測

ノルウェーに設置した高出力ナトリウムライダー用レーザーの一部。レーザ波長の超精密制御を行う

ノルウェーに設置した高出力ナトリウムライダー用レーザーの一部。レーザ波長の超精密制御を行う

夜空に向けて射出される黄色のレーザー。オーロラ活動時の大気温度の空間変動を調べるため、5方向に射出

夜空に向けて射出される黄色のレーザー。オーロラ活動時の大気温度の空間変動を調べるため、5方向に射出

川原研究室では、レーザー光を用いて大気を観測する「ライダー」を中心に、光学的手法を用いた観測技術の開発を行っています。南極や北極という過酷な地で安定して観測が出来る高性能ライダーは世界でも有数の結果を上げています。極域では磁力線に沿って宇宙から荷電粒子が降り込み、高度100km近辺の超高層大気に達してオーロラが光ります。このような宇宙からのエネルギー流入により、地球大気はどのような変動をするのか。下層大気からの波動がどのような影響を及ぼすのか。これらを光学技術を用いて研究しています。

研究から広がる未来

川原研究室では、工学の分野から地球物理という理学分野へのアプローチを行っています。ライダーを用いた大気観測の歴史は古いのですが、レーザーが常に技術進歩を続けるため、新しいレーザーを用いた新しい観測が生まれています。これからも観測技術は進化を続け、さまざまな「謎」を明らかにするでしょう。『人間が作った観測装置を用いて、神が創造した地球の神秘を調べる機会を与えていただき、頑張ったご褒美に真理の一部を少しだけ覗かせていただいている』という気持ちです。

卒業後の未来像

観測装置の原理の理解はエンジニアの基本で、研究室ではその教育を徹底しています。また、研究室で行う頻繁な研究発表は、伝える技術を磨くとともに自分の甘い部分をセルフチェックできる教育的な手法と位置付けています。これらはすべて社会に巣立ってから自分で考えて生きていける人間力の種になると考えています。

プロフィール

東北大学大学院で火星探査衛星の観測機開発を行い博士学位を取得。1995年から信州大学でナトリウムライダーの研究に従事。南極越冬隊員。その体験談に科学を絡め、長野市内の小中高校で講演多数。

電子メールアドレス
研究者総覧(SOAR) 詳細を見る
オフィスアワー 部屋:1F 109室

金曜日13:30-17:00。ただし、出張の場合のありますのであらかじめメールで連絡ください。