お問い合わせ 交通・キャンパス案内 信州大学HOME
信州大学工学部 電子情報システム工学科

太子 敏則

半導体・酸化物機能性単結晶の成長と評価・解析を通して学術・産業界への貢献を目指す

当研究室および共同研究企業で育成した機能性単結晶。サファイアやシリコンなどの半導体単結晶育成を実現

当研究室および共同研究企業で育成した機能性単結晶。サファイアやシリコンなどの半導体単結晶育成を実現

左:引き上げ法結晶育成装置による実験中の写真。覗き窓から炉内を観察している。右:ゲルマニウム単結晶育成中の炉内の様子

左:引き上げ法結晶育成装置による実験中の写真。覗き窓から炉内を観察している。右:ゲルマニウム単結晶育成中の炉内の様子

当研究室では、シリコンや炭化ケイ素等の半導体単結晶やサファイア等の酸化物単結晶の育成と評価を中心に研究・開発を行っています。単結晶とは原子が三次元的に規則正しく周期的に並んだ結晶であり、電気的、光学的、機械的に均一な材料です。単結晶を使ってパソコン、携帯電話、LED照明等に必須な電子部品が作られます。バルク単結晶育成に関係する研究者は少なく、当研究室はこの分野で日本を代表する一研究機関として脚光を浴びています。研究の一部は、工学部共同研究部門の干川圭吾特任教授と協力して進めています。

研究から広がる未来

当研究室では、環境保全に貢献する『グリーンマテリアル』単結晶育成に注力しています。その中で炭化ケイ素(SiC)は、省エネに寄与する低損失パワーデバイス用の基板としての利用が期待されています。現在、溶液成長による結晶の長尺化、高品質化を目指しています。他の機能性材料においても、当研究室発の単結晶やその育成技術が環境や次世代社会に貢献できるよう、日夜努力しています。

卒業後の未来像

当研究室の研究は近い将来必要となる単結晶育成の研究開発の要素を多く含んでいます。学生は実用的な研究を通じて、実践的な技能を身に付けています。卒業後に、企業にてそのような現場で活躍できる学生を多く輩出することを目指します。

プロフィール

信州大学産学官連携研究員、東北大学金属材料研究所助手、信州大学カーボン科学研究所助教を経て2011年より現職。研究分野はバルク単結晶育成や結晶欠陥評価

電子メールアドレス
研究者総覧(SOAR) 詳細を見る