お問い合わせ 交通・キャンパス案内 信州大学HOME
信州大学工学部 電子情報システム工学科

田久 修

安心・安全な社会を築く 無線セキュリティ技術と無線センサネットワーク

無線ネットワークにおける情報引き抜き問題
ジャミング(人工雑音)という妨害波による無線混信による秘匿化.ジャミングキャンセレーションによる復号技術で安全な通信を実現

無線ネットワークにおける情報引き抜き問題 ジャミング(人工雑音)という妨害波による無線混信による秘匿化.ジャミングキャンセレーションによる復号技術で安全な通信を実現

Machine to Machine Communications (M2M)のモデル実験
たくさんのセンサで新幹線の状態(振動数、歪みなど)をモニタする模擬実験。無線センサネットワークでより安全な運行を可能にして、さらなる高速運転が可能になるかも!?

Machine to Machine Communications (M2M)のモデル実験 たくさんのセンサで新幹線の状態(振動数、歪みなど)をモニタする模擬実験。無線センサネットワークでより安全な運行を可能にして、さらなる高速運転が可能になるかも!?

田久研究室では、電波による情報漏えい対策として無線セキュリティ技術や建物や人をモニタリングする無線センサネットワーク技術を研究しています。スマートフォンではLTEやWiFiなどの無線通信が利用されていますが、電波は広範囲に飛ぶため情報が漏えいする危険にさらされています。田久研究室では、電波が漏えいする仕組みの解析、その対策として軍事で利用されているジャミングによるセキュリティ技術を検討しています。 また、建物や人の体調などを簡単にモニタリングできる無線センサネット ワーク技術を創出する研究も進めています。

研究から広がる未来

無線通信はウェアラブル端末やロボットなど様々な応用が期待されています。しかし、情報が漏えいすると最悪の場合、機器が乗っ取られ、我々の生活が危険にさらされる恐れがあります。 田久研究室が注目するセキュリティ技術により暗号技術をより強固にして、安全かつみなさんが安心して無線通信を利用することができるようになると考えれます。安心・安全な社会に向けて極めて重要な研究になると考えます。

卒業後の未来像

近年、無線通信はますますその可能性が注目され、 教育・ロボット・医療・農業・製造業など様々な 適用が議論されています。本学で学んだ無線通信 技術を生かして、卒業後は様々な分野で活躍できると期待されます。

プロフィール

慶應義塾大学大学院助手、オーストラリアシドニー大学訪問研究員、東京理科大学 嘱託助教、信州大学助教を経て2013年より現職。無線セキュリティ、無線センサネットワーク、コグニティブ無線など無線通信の可能性を追求する研究を進めています。

研究者総覧(SOAR) 詳細を見る