お問い合わせ 交通・キャンパス案内 信州大学HOME
信州大学工学部 電子情報システム工学科

笹森 文仁

理論を追求し、手軽で効率の良いデジタル無線通信の実現を目指す!

地デジやWi-Fiと同じディジタル変復調処理(OFDM)をマイコン上に実装し、PHSの無料音声回線を使った伝送実験で通信性能を検証する。

地デジやWi-Fiと同じディジタル変復調処理(OFDM)をマイコン上に実装し、PHSの無料音声回線を使った伝送実験で通信性能を検証する。

複数台のパソコンをネットワーク接続して一台の高性能なパソコン(PCクラスタ)を構築し、コンピュータシミュレーションを実行する。

複数台のパソコンをネットワーク接続して一台の高性能なパソコン(PCクラスタ)を構築し、コンピュータシミュレーションを実行する。

Wi-FiやLTE(Long Term Evolution、移動通信システム)、地デジ(地上デジタルテレビ放送)など、専門用語が愛称として定着するほど無線通信はとても身近な存在になっています。笹森研究室では、普段から何気なく使っている無線通信システムを支えている諸技術(OFDM、スペクトル拡散、ダイバーシチなど)の性能を理論的に追求し、手軽で効率の良い無線通信の実現を目指しています。具体的には、アマチュア無線などの無料音声回線や可視光、音をデジタル通信回線として活用するための信号処理について検討しています。

研究から広がる未来

スマートフォンを使ってより高速に通信したいというニーズは多々あります。子供の見守りや災害時の安否確認、電気・ガス・水道の自動検針など、位置や使用状況といった様々な情報を収集してサービス提供に役立てるセンサーネットワークでは、高速回線を必要としないケースも多々あります。様々なニーズに『柔軟に』対応できる技術を目指しています。当研究室での研究の一例として、通話料無料の音声回線を効率良くデータ通信に活用する方法の探求が挙げられます。

卒業後の未来像

高度情報化社会において無線通信技術を必要としている企業は多いです。具体的な就職先としては、通信事業者、鉄道事業者、電力会社、自動車メーカー、通信機器メーカーなどが挙げられますが、つぶしが効く職種ですので、キャリアアップを目指して転職する卒業生もいます。

プロフィール

早稲田大学大学院を修了後、2000年より信州大学工学部助手、2006年より現職。 研究分野は通信工学、特に無線通信、無線信号処理、通信品質の理論解析に関心がある。

研究者総覧(SOAR) 詳細を見る
個人サイト http://www.shinshu-u.ac.jp/faculty/engineering/chair/hansat/