お問い合わせ 交通・キャンパス案内 信州大学HOME
信州大学工学部 電子情報システム工学科

曽根原 誠

電子部品レベルから省エネを目指す! ~ 携帯機器用高性能RF薄膜デバイスの開発 ~

低損失薄膜インダクタ(左)や高性能薄膜コモンモードフィルタ(右)が実用化されれば、電気エネルギーの無駄遣いを減らせ(省エネ)、電池の持ちを少しでも長くできる!!

低損失薄膜インダクタ(左)や高性能薄膜コモンモードフィルタ(右)が実用化されれば、電気エネルギーの無駄遣いを減らせ(省エネ)、電池の持ちを少しでも長くできる!!

クリーンルーム内で高性能RF薄膜デバイスや光プローブ電流センサ用磁性薄膜をスパッタ装置で成膜する学生と、企業の方にその工程を説明する曽根原准教授

クリーンルーム内で高性能RF薄膜デバイスや光プローブ電流センサ用磁性薄膜をスパッタ装置で成膜する学生と、企業の方にその工程を説明する曽根原准教授

先端磁気デバイス研究室では、佐藤敏郎教授と共同で、「3つの磁気技術(Power, Microwave, and Sensor Magnetics)で地球にもヒトにも優しいものづくり」を合言葉に、デバイス(電子部品)レベルで省エネを真剣に考え、先端システムを支える磁気デバイス・センサ/材料を企業・学内外の学術機関と連携し数多く研究・開発しています。一例として、スマホなどの携帯機器用高性能RF薄膜デバイスや電気自動車用高精度光プローブ電流センサなどを開発しており、これが実現すれば電気エネルギーの利用効率が従来よりも向上でき、共同研究先の企業からも期待されています。その他の研究内容や当研究室の最新の情報は、http://amdl.shinshu-u.ac.jp をご覧下さい。

研究から広がる未来

電力利用効率向上のためのデバイスや低損失デバイスなどグリーンデバイスの開発は、電力不足がより深刻になるであろう近い将来に益々重要になると考えられます。当研究室と共同研究先の企業や学術機関で開発している省エネ電子部品・システムが実現すれば、原子力発電に頼らず再生可能エネルギーによる発電だけで賄えるような省エネ電気・電子機器の開発やシステムの構築が可能になると確信しています。

卒業後の未来像

卒業・修了生は、大手電子部品メーカーなど幅広い業種に就職しています。研究だけでなく普段の生活でも省エネ・環境に対して多角的に考えるように指導をしていることもあり、人間的にも豊かな技術者・研究者として活躍しています。

プロフィール

2007年3月信州大学大学院工学系研究科修了。博士(工学)。信州大学SVBL PD研究員を経て、2008年4月信州大学工学部助教。2013年より現職。研究分野は磁気材料工学、磁気・高周波デバイス・センサなど。

電子メールアドレス
研究者総覧(SOAR) 詳細を見る
個人サイト http://makoto.shinshu-u.ac.jp/