お問い合わせ 交通・キャンパス案内 信州大学HOME
信州大学工学部 電子情報システム工学科

曽根原 誠

"高い"電子部品・回路で次世代システムを支える ! ~ 高周波・高効率・高精度の電子部品で高付加価値 ~

超スマート社会(Society5.0)での利用を目指す高周波薄膜デバイスの一例(左下が薄膜インダクタ、右下がノイズフィルタ)

超スマート社会(Society5.0)での利用を目指す高周波薄膜デバイスの一例(左下が薄膜インダクタ、右下がノイズフィルタ)

クリーンルーム内で、RFインダクタやノイズフィルタの導体層、光プローブ電流センサ用磁性薄膜をスパッタ装置で成膜する学生と、企業の方にその工程を説明する曽根原准教授

クリーンルーム内で、RFインダクタやノイズフィルタの導体層、光プローブ電流センサ用磁性薄膜をスパッタ装置で成膜する学生と、企業の方にその工程を説明する曽根原准教授

先端磁気デバイス研究室では、佐藤敏郎教授と共同で、先端システムを支える磁気デバイス(電子部品)やセンサ、それらに必要な磁性材料などを企業・学内外の学術機関と連携し数多く研究・開発しています。

特に曽根原ら研究チームは、①超スマート社会(Society5.0)での利用を目指す高周波(数~数十GHz)薄膜インダクタ・ノイズフィルタや、②航空機の高効率化を目指す小型軽量電源・回生ブレーキシステム、③次世代インフラ用高精度光プローブ電流センサなどを開発しています。最近では磁気だけでなく様々な材料を用いて、各種デバイスを学生達と一緒に研究しています。

当研究室の最新の情報は、http://amdl.shinshu-u.ac.jp をご覧下さい。

研究から広がる未来

上記の研究・開発中のデバイスやセンサが実現すれば、超スマート社会や次世代航空機産業・インフラを支えるハードウェア技術の一翼を担うと確信しています。 またどのデバイス・センサもシステムの高効率化に繋がるものであり、デバイスレベルから省エネ化を図ることになるため低炭素化社会にも貢献します。

卒業後の未来像

卒業・修了生の皆さんは、大手電子部品メーカーやインフラ系企業など幅広い業種に就職しています。研究だけでなく普段の生活において省エネ・環境などに対して多角的に考えるように指導をしていることもあり、人間的にも豊かな技術者・研究者として活躍しています。

プロフィール

2007年3月信州大学大学院工学系研究科修了。博士(工学)。信州大学SVBL PD研究員を経て、2008年4月信州大学工学部助教。2013年より現職。研究分野は高周波デバイス・回路・センサなど。

電子メールアドレス
研究者総覧(SOAR) 詳細を見る
個人サイト http://makoto.shinshu-u.ac.jp/