お問い合わせ 交通・キャンパス案内 信州大学HOME
信州大学工学部 電子情報システム工学科

ASANO DAVID KEN

役に立つ情報機器。 あなたも使いたくなる?

左)運転免許学科試験用の練習器「免トレ君」  
右)問題には動画が付いているので理解が深まる

左)運転免許学科試験用の練習器「免トレ君」   右)問題には動画が付いているので理解が深まる

左)タッチパネルを利用した「在室表示機器」
右)戻る時間が設定でき、インターネット経由でも確認できる

左)タッチパネルを利用した「在室表示機器」 右)戻る時間が設定でき、インターネット経由でも確認できる

アサノ研究室では、幅広い範囲で情報機器の研究開発を行っています。『役に立つ』『使いやすい』を基本方針にし、人間の仕事や生活が『楽になる』『楽しくなる』機器を目指しています。例えば、右図上の『免トレ君』は、運転免許の学科試験問題をわかりやすくするために動画を付けたものです。正解・不正解の判定も動画を使い、試験勉強をゲーム感覚でできるようにしています。また、右図下の『在室表示器』はインターネット経由でも確認できるので、部屋まで行かなくても在室しているかどうがわかります。これにより行き違いが避けられます。

研究から広がる未来

アサノ研究室では、情報通信システムに関する研究も行っていて、複数の情報機器が『会話』すれば、より高度な動作ができます。将来の情報機器は、単独ではなく、『仲間』と一緒に働いてくれるようになるでしょう。その具体的な方法や、それを実現するための技術を探るために、学生が日々研究や開発をしています。

卒業後の未来像

卒業生は、ソフトウェア業、電気メーカー、自動車メーカー等、様々な分野の企業に就職しています。先生は、研究のみならず、社会人として必要な知識や常識も学生に学ばせているそうです。

プロフィール

旧郵政省の通信総合研究所で客員研究員を経て、1996年より現職。研究分野は情報通信システムと情報機器。

電子メールアドレス
研究者総覧(SOAR) 詳細を見る
個人サイト http://www-comm.cs.shinshu-u.ac.jp/david/
オフィスアワー 部屋:6F 611室

部屋にいれば大体いつでもいいです。《アサノはどこ?》のページを確認してから来て下さい。