教員紹介

やまだ けんぞう

山田 健三

日本語学 教授

山田 健三
職名 教授
所属分野 日本語学
研究分野 日本語学および日本語史研究
研究課題 日本語史上の諸問題に関する再検討(日本語書記史術語の記述的研究、日本辞書生活史研究、日本語文法史の研究(係り結びに関する議論を中心として、など)  
所属学会 国語学会日本言語学会訓点語学会日本方言研究会
出身校 名古屋大学大学院文学研究科
SOAR 研究者総覧(SOAR)へリンク

日本語の史的研究。平安・鎌倉期の古辞書を中心として、言語生活を考察する辞書生活史や、日本語史としての大きな流れを、特に文法史、書記史などのレベルで見直す作業を主に行っている。また、言語変化現象そのものにも関心があり、古文献とともに方言資料も扱かう。

教員 BLOG

一覧を見る

【学部長室から】学生街というパレット

【学部長室から】人文学はスルメであり、松明である。

【学部長室から】大学における「出口問題」

【学部長室から】街は大学を育み、大学は街を育む。

【学部長室から】書物の森林浴を

トップページ 教員紹介 山田 健三

ページの先頭へもどる