教員紹介

はやさか としひろ

早坂 俊廣

哲学・思想論 教授

教員 BLOG

一覧を見る
哲学関係

差異と隔たり―他なるものへの倫理

「哲学関係のおすすめの本」と考えたとき、ごく自然に、熊野純彦著『差異と隔たり―他なるものへの倫理』(岩波書店)が頭に浮かんだ。

「所有」「歴史」「言語」という問題に対し、「他者」を鍵概念に取り組んだこの本の魅力を伝えることは、私には難しい。そもそも私は、好きな人(こ と)に関して「この人(こと)は・・・だから好き」とか「この人(こと)の・・・というところが好き」とかいう説明を好まない。「この人(こと)はこの人 (こと)だから好き」「好きだから好き」という表現しか、愛においては成立しないのではなかろうか。だから、この本についても、好きだから好きとしか言い ようがない。

・・・と、うまく説明できない言い訳を連ねてしまったが、それで終わるのもなんなので、この本の思考のスタンスと叙述のスタイルが秀逸であること、 過剰流出気味の「他者」という概念が、ここでは、まさしく著者自身のことばとして、着実で明晰な形で語られていること、を好きな理由として挙げておこう。

トップページ 教員紹介 早坂 俊廣 ブログ 差異と隔たり―他なるものへの倫理

ページの先頭へもどる