人文学部からのお知らせ

イベント一般在学生大学院広報院生会

2016年度後期大学院シンポジウム開催

2016年度後期信州大学大学院人文科学研究科シンポジウムを以下の通り開催します。


人文学部の大学院生が日々の研究成果を発表する公開シンポジウムです。


一般のみなさまにもご聴講いただけます。


ぜひご来場ください。


会場: 人文ホール  日時: 2017年2月10日(金)


9:40-10:15   牧内和人  上・下伊那郡における方言語彙の動態について  


10:20-10:55  矢澤静佳  原撰本系『類聚名義抄』の片仮名和訓について  


11:00-11:35  新山正隆  戦後ドイツにおける大戦総括世論形成の推移と要因 ―ドイツ福音主義教会の「過去の克服」―


11:40-12:15  石川萌理  マルモンテルとジャーナリズム  


13:15-13:50  植田拳太  ヤークによる傾向性本質主義批判を論駁する ―自然法則の「根拠づけ grounding」をめぐって―


13:55-14:30  関森真澄  自己の一貫性と多様性に基づいた自分らしさが心理的健康に及ぼす影響


14:35-15:10  山本直樹  英語心理表現への認知言語学的考察       


15:10-15:40  懇談、優秀発表賞表彰

トップページ お知らせ 2016年度後期大学院シンポジウム開催

ページの先頭へもどる