人文学部からのお知らせ

イベント一般国際交流大学院留学研究者

信州大学外国人研究者招へい支援・人文学部50周年記念 多文化交流サロン特別学術講演会

講師:Yves Rossetti教授,リヨン神経科学研究センター(Centre de Recherche en Neuroscience de Lyon; CRNL),リヨンクロードベルナール大学(Université Claude Bernard),リヨン大学附属病院(Hospices Civils de Lyon)

タイトル:空間無視の認知障害への感覚運動リハビリテーション(Sensory-motor rehabilitation for cognitive deficits of spatial neglect)

講演概要:事故や脳卒中などで脳に障害を受けると,視野の一部(多くは左半側)に対して注意が向かなくなる空間無視という特異な機能障害が起こる場合がある。この患者は左半側にある刺激のみならず,自分自身の左側身体の存在すら無視した行動をするため,日常生活に大きな支障をきたす。視野を偏向させるプリズム順応は,視覚-運動協応の短期的脳の可塑性研究で用いられてきたが,驚くべきことに,この単純な技法は空間無視の行動的,認知的結果を驚くほど向上させることが明らかにされてきている。空間無視とプリズム順応法のリハビリ効果に関わる,最近の研究動向について講演する。

日時と場所:11月11日(金) 16:30~17:30 人文学部第4講義室

主催:信州大学人文学部・心理学研究室

共催:信州大学人文学部国際交流委員会・広報委員会

問合せ先:今井章研究室 内線3128; imaiakr@shinshu-u.ac.jp

トップページ お知らせ 信州大学外国人研究者招へい支援・人文学部50周年記念 多文化交流サロン特別学術講演会

ページの先頭へもどる