人文学部からのお知らせ

イベント

第62回 夕べのセミナー終了

さる 3月12日(日曜日) 午後5時から 松本市公民館 Mウィングにおいて催されました


信州大学人文学部 公開講座 第62回夕べのセミナー は、文化情報論フォーラムの一環として


三十余名の聴衆が集まり、盛会のうちに終了しました。


 


ご来場下さった方々には御礼申し上げます。


 


講師として水原俊博准教授は、御自身の御専門を


「消費情報学」と定義されて、講義の始まりとし、


第二次大戦後の日本において、


消費文化がどのように推移してきたかを概説。


その後、タイトルに挙げられた、「買い物好きは 選挙に行くか?」 という問題への解答を、


統計的資料とその解釈に基づいて提示しました。


 


 


消費者のタイプを「顕示的消費者」「個性的消費者」「品質的消費者」の3つに分類し


従来の「消費者」タイプと見られてきた「顕示的消費者」は、政治的行為には消極的であるのに対し


近年の新しい消費者タイプである「個性的消費者」と「品質的消費者」は


自らの社会へのこだわりから選挙に行く傾向が認められる、という内容でした。


 


 


講演の後の質疑応答も活発な、充実した講演でした。


 


信州大学での、今後の水原先生の活躍も大いに期待されます。

トップページ お知らせ 第62回 夕べのセミナー終了

ページの先頭へもどる