応用生殖科学研究室
富岡郁夫

革新的発生工学技術の開発

当研究室では
①ゲノムの初期化や多能性維持のメカニズム解明(遺伝子レベル研究)
②新規生殖工学技術の開発(細胞レベル研究)
③生殖工学技術を用いた遺伝子改変動物の作出やヒト疾患モデル動物の作出(個体レベル研究)と、
分子レベルから個体レベルまでオールラウンドな研究をおこなっています。
具体的には体細胞クローン動物やiPS細胞に代表される「体細胞ゲノムを初期化する因子の探索やメカニズムの解明」、「卵巣・着床期胚の3次元血管構築培養法」や「革新的細胞凍結法」などの技術開発、さらに小型の霊長類であるマーモセットを用いて「神経変性疾患モデルを作出」するなど、基礎研究では終わらない実践的研究を目指します。

研究紹介(デジタルパンフ)