機能性畜産物製造学研究室
河原岳志

動物の株化細胞培養系を利用した食品の機能性探索

当研究室では,世界的に社会問題となっているアレルギーや例年ニュースで話題となる下痢症や食中毒などの症状を緩和できるような機能性食品素材の探索を行っています。山地に囲まれた信州の地には,未だ機能性が明らかにされていない食品素材が多く眠っています。免疫細胞や腸管上皮細胞,皮膚角化細胞など,病態の鍵となる種々の細胞の生物学的応答をヒントに機能性を明らかにし,有用な素材に日の目を当てることが我々の使命です。未来の機能性食品の礎となる仕事を心がけ,日々研究に取り組んでいます。

研究紹介(デジタルパンフ)