生物資源研究室
上野豊

動物消化管微生物群集の機能解明と動物生産への応用

ヒトは約60兆個の細胞からできていますが、ヒトの大腸には600兆個以上の細菌が存在しています。これらの細菌による群集(腸内細菌叢:ちょうないさいきんそう)は様々な形でヒトの健康に寄与しています。また、ウシは4つの胃を持っていますが、そのうち一番大きい第一胃(ルーメン)にも同様の微生物群集が形成され、エサの消化に役立っています。こうした動物体内に棲む微生物は一種の資源であり、その役割を明らかにすることでヒトや家畜の健康につなげるための研究が行われています。

研究紹介(デジタルパンフ)