動物行動管理学研究室
竹田謙一

アニマルウェルフェアに配慮した家畜・野生動物管理システムの開発

動物の行動を科学的、総合的に解析することによって、動物の欲求が何であるかを理解し、限られた環境の中で動物が感受しているストレスを少しでも軽減できる飼育システムの構築を目指しています。これらの研究成果は、アニマルウェルフェアへの関心が高まっている今日、生産物の付加価値向上や飼育環境改善だけでなく、飼育管理作業の省力化にも役立つと確信しています。
また、社会問題となっている野生鳥獣による農作物被害を軽減するため、野生動物の行動特性を解析し、永続的な野生動物の保護管理システムの構築を目指しています。

研究紹介(デジタルパンフ)