お知らせ

2019年度 公開シンポジウム 「寄生虫をとおしてみる知られざる世界―その多様性とおどろくべき戦略―」を開催しました

2019.09.20 [ 自然科学館からのお知らせ ] 

令和元年9月7日(土)理学部講義棟1階 第1講義室にて、信州昆虫学会、信州大学理学部、信州大学自然科学館(JST未来共創イノベーション活動支援)の共催で、2019年度公開シンポジウム「寄生虫をとおしてみる知られざる世界-その多様性とおどろくべき戦略-」を開催し、学生や市民の方等約48名が参加しました。
4名の研究者から、寄生方法の多様性、寄生を免れるための戦略、寄生者の操作、生態系への影響という観点から、寄生虫の多様性と攻防について、魅力的な発表が行われました。
参加者を交えた質疑応答も行われ、研究者の皆さんは自然や昆虫に対する想いを熱く語っていました。