学外利用者ガイドライン

学外利用者ガイドライン

本学が保有する共同利用可能設備を学外者が利用することに関して必要な事項を定めるものです。 尚、学外者の利用は、本学の教育研究に支障がない範囲に限るものとします。

利用可能設備

SimpRentに登録されている学外利用可能な設備とします。

利用時間及び休業日

管理者により指定された日、時間とします。

利用者の資格

利用希望設備の管理者から利用承認を与えられた者とします。 利用できる期間は申請年度内です。年度をまたいで継続利用する場合は、年度はじめにお手続きください。

利用の手続き

利用希望設備の管理者から利用承認を取り、利用者登録を行ないます。登録後は、SimpRentより予約を取り、予約した指定時間において使用できます。なお、予約時間外の使用になる場合は、それが分かった時点で、管理者にご相談頂き、管理者の指示に従ってください。

利用料等の負担

利用料金が明示された設備については明示された額を利用料として支払うものとします。また、利用予約分をオーバーした分についても支払うものとします。なお、利用料金は改訂する場合がございますので、予めご了承ください。 実験に必要な消耗品は、原則として利用者が準備するものとします。

利用料等の納付方法

利用料納付は、本学が指定する口座へ本学が指定する日までに振り込むことにより行うものとします。

研究成果報告

論文投稿等における謝辞は以下の記載をお願いします。**には、機器を利用した年が入ります。2021年の利用であれば、JPMX0440100021となります。

【和文】本研究は文部科学省先端研究基盤共用促進事業(コアファシリティ構築支援プログラム)JPMX04401000**で共用された機器を利用した成果です。

【英文】This work was the result of using research equipment shared in MEXT project for promoting public utilization of advanced research infrastructure (program for supporting construction of core facilities) Grant Number JPMX04401000**.

また、機器を使用して得られた結果を論文等に公表した場合、掲載誌等の情報を報告願います。




その他




大学内は禁煙です。また実験室での飲食は禁止です。


ページの先頭へ戻る