研究科長メッセージ

  • HOME
  • 研究科長メッセージ

研究科長メッセージ

総合人文社会科学研究科長 山沖 義和

少子高齢化の進展に伴い、社会が直面する地域の課題は多様化・複雑化していることから、人文科学から社会科学に渡る総合的な視点に立ち、確かな専門知識と技能に基づき、直面した解決すべき課題を的確に分析・理解するとともに、地域の特性を生かした具体的提案を生み出すことができる人材、すなわち、人文・社会科学分野の「地域中核人材」が、今、社会から求められています。

このため、既存の人文科学研究科,教育学研究科(学校教育専攻)及び経済・社会政策科学研究科を統合再編して、令和2年4月1日に「総合人文社会科学研究科(人間文化学分野、心理学分野、経済学分野、法学分野)」を設置しました。

本研究科では、これまでの枠組みを超えて人間文化学から心理学、経済学、法学にまたがる幅広い学問分野を網羅する利点を活かしつつ、地域中核人材に不可欠な共通的な能力(情報を量的・質的に分析する能力等)や高い倫理観を養成するため共通基幹科目を設けるとともに、グループ討論を中心としたアクティブ・ラーニング型演習や地域の現場に赴いて地域住民等と関わって研究を行うアクションリサーチ科目系科目を取り入れています。

また、ネットワークシステムを通じたテレビ会議形式を用いた講義方法を取り入れるほか、分野によっては社会人向けには週のうち1日間を大学院で学び、残りの4日間は働くという新しいスタイルの働き方・学び方も提案しています。

高度な専門知識と分析力等に基づき積極的に問題解決に取り組みたい方を求めています。

令和2年4月1日

総合人文社会科学研究科長
山沖 義和

ページの先頭へ戻る

メニュー閉じる