物理学コース 物性理論分野

物性理論分野とは

私たちの身の回りにある物は多数の原子が集まってできています。原子1つを見てもその中には陽子や電子,中性子といったものがたくさん集まってできていますが、そこまで(それよりもっと)細かく考えるのが素粒子物理学であるのに対して、物性物理学では、多数の原子の集まりとして作られ、私たちが(だいたい)直接その多様性を実感できるような物の性質について研究を行っています。
<strong>研究室では</strong>

研究室では

「力学」,「電磁気学」,「熱力学」に加えて、多数の原子の集合体を考えるときに、原子同士のつながりを支える電子の振る舞いを扱う「量子力学」や、原子や電子が非常に多数集まったときに見られる集団的な現象を扱う「統計力学」、たまに「相対論」、といった近代物理学に立脚して、物の定性的な性質を理解することを目指しています。

詳しくは物性理論研究室HPをご覧下さい。
この分野の教員紹介

樋口 雅彦

物性物理学の醍醐味は,アンダーソン博士(1977年ノーベル物理学賞)の言葉「More is different」に集約されると思います。

志水 久

エントロピーが物質を構成する原子や電子の力学的な状態から導かれるということは,物質の力学的構造から物質の相や相転移について何らかの情報を引き出すことが出きるかもしれません。
MENU