総合理工学系研究科トップ>繊維学専攻>先進繊維・感性工学分野

先進繊維・感性工学分野

概要

先進繊維工学ユニット


先進機能繊維や糸・布の製造方法、これらの機能の計測・評価方法までを体系づけた先進繊維工学を中心とした教育を行います。先進繊維工学を支える電気・電子工学、人間工学、計測工学やシステム工学を活用でき、ものづくりとマーケティングを踏まえて国際的な視野で企画を立案し実行できる研究者や技術者を育成します。



感性工学ユニット


感性工学の考え方に基づき、製品やサービスに「感性」の要素を取り入れることにより、さらに高度なものづくりを行うことのできる人材の育成を達成するための教育課程編成としています。素材から文化に至るまでの製品やサービスの開発全般に関わる情報、生理・心理、設計・デザイン等の各分野について講義科目を開設しています。これらの各分野における感性工学的アプローチについての話題を取り上げて論じる科目が設置されています。各分野での感性工学的な取り組みについて、より専門的な理論・技術を実践的に身につけるための特別実験が段階的に編成されています。

先進繊維・感性工学分野

先進繊維素材などの快適性評価

先進繊維・感性工学分野

ファッション・アパレルの設計と評価


主な研究テーマ


先進繊維工学ユニット


  • 繊維の材料および製造条件による繊維構造・物性の設計に関する研究

  • インテリア繊維製品の使用快適性や居住環境への影響などに取り組む

  • スポーツウエア、スーツなどの快適性を数値化する研究

  • 繊維材料・製品を対象に数理科学、システム工学手法による研究

  • 繊維製品、生体の状態を非破壊で計測する手法の研究開発

  • 人間の感覚・知覚特性や身体特性を計測して、繊維製品設計に活かす研究

  • 複合繊維を製造及び複合繊維の繊維構造形成過程を究明するための研究

  • 繊維製品の製造方法および特性分析に関する研究


  • 感性工学ユニット


  • 時代の流れを見つめ変らぬコトを見いだし、ヒトの心と身体に添う商品像の開発

  • テキスタイルの物性および感性評価、衣服の個人対応設計・高付加価値設計

  • 人の快適を計測する技術とそれを人に伝えるための技術の開発

  • ファッション・テキスタイル分野へのIT技術の適用による製品設計・開発支援技術に関する研究

  • 日常生活製品やスポーツ用品などの製品評価・設計・開発に関する研究

  • 国際繊維ファッション分野で複雑系に適応する知能システムを創成する研究

  • 自然環境や生体内で分解する高分子などを用いた人間と環境に配慮した材料開発

  • 両親媒性高分子の医療分野への応用、生体・天然高分子やポリマーアロイの構造形成

  • 「歩く」「座る」「寝る」といった人間の基本動作に関する感性計測と心地評価

  • 従来の学習システムを刷新し、英語や感性を生かした新たな感性教育システムの開発

  • 人-服-環境を対象に、暑さ寒さ、空気質などを評価し、製品開発に活かす研究

  • 個人対応設計のために、繊維製品の数値シミュレーションを研究

  • 衣服設計技術分析、外観・着心地に影響する衣服条件、衣類立体化メカニズムの研究


  • 分野教員一覧

    基礎となる学部・学科

    繊維学部 繊維・感性工学系