総合理工学系研究科トップ>工学専攻>工学基礎部門

工学基礎部門

概要

工学基礎部門は数学,物理,英語の基礎教育,留学生への支援,産学官連携を通じて工学部を支えています


工学基礎部門は
  ■先端的な工業技術を支える数学と物理学の教育研究
  ■世界に向けての情報発信を可能にする英語の教育研究
  ■世界から集う留学生の勉学や生活の支援
  ■地域産学官連携活動の総合的支援
を展開する組織で,数学教室,応用物理学教室と,英語,留学生担当,産学官連携担当の教員で構成されています.

工学基礎部門

プラズマ中の原子・分子過程研究のためのRFプラズマ

工学基礎部門

超大光度銀河における爆発的星形成による銀河風


主な研究テーマ


  • 測度論、ベクトル測度論、非加法的測度論、非線形積分論

  • 作用素論・作用素環論および量子情報理論

  • 量子力学や場の量子論に現れる作用素のスペクトル解析およびそれに関連する研究

  • 実解析的手法を用いた非線形偏微分方程式の研究

  • 核融合プラズマ中の原子・分子過程の分光学的研究

  • ナノサイズ磁性材料の開発と応用

  • レーザー光を用いた大気計測システムの開発と大気観測

  • 銀河風・銀河(星間ガス及び銀河ハローガス)進化・計算天文学

  • 中小企業を活かす産学連携のありかたの研究
  • 教員一覧