学習・教育目標 of 材料化学工学課程

HOME > 教育 > 学習・教育目標

教育方針・目的・目標

1)はじめに

材料化学工学課程は,資源・エネルギー・環境問題の解決に役立ち,持続性のある社会を目指した材料およびその製造プロセスや利用システムに関する学問を教育・研究する課程である。繊維学部において充実している材料化学分野に広い工学的視点を養う化学工学を取り入れて特色のある教育を行っている。当課程の教育プログラムは日本技術者認定機構 (JABEE) から認定を受けており,プログラムを修了した本課程の卒業生は, 質の高い研究者,技術者基礎教育を受けたことが客観的に証明されると同時に,国家資格である「技術士」の第1次試験が免除される。卒業生は,化学,繊維,電気機器,機械と幅広い業種へ就職し,材料化学研究者・技術者として活躍している。

2) 教育と研究

教育面では,経済性,安全性,信頼性,社会や環境への影響などを考慮しながら工学的に問題を解決できる能力を身につけるために必要な実験・演習を行っている。研究面においては,(1)先端装置,数理的解析を用いた物性解明,(2)原子・分子レベルの相互作用を考慮した種々の機能を持つ微粒子・薄膜・繊維材料等の創出,(3)エネルギー貯蔵材料,燃料電池,太陽電池,半導体・光学材料などの開発,(4)エネルギーと環境を統合的に考えたプロセス・システム設計,シミュレーション,LCA(ライフサイクルアセスメント)などに注目している。このような教育と研究を通して,総合的な見地から,(a) 材料とその製造プロセスの開発,(b) システムの評価と設計,(c) コンピュータを用いた複雑な現象の体系化のできる柔軟でかつ国際的な視野をもった研究者・技術者を養成することを課程の目的としている。

3) 学習・教育目標

本課程における学習および教育の目標は、国際的な視野を持った化学、材料系の研究者・技術者として必要な能力と技術を身につけることであり、以下のAからGで示される。

目標A 自然や社会を多面的に捉え、それに技術がおよぼす影響を理解する能力

  1. 【教養】種々の歴史、文化、習慣、価値観、風土、経済などに関する知識を通して、幸福・福祉や豊かさなどの概念が多岐にわたることを認識する能力
  2. 【本質把握】多面的に総合的にものごとを捉え本質を把握する能力
  3. 【協調性】自分自身や自国など自分たちの文化や価値観、利益だけでなく、 他者・他国の立場から物事を考えることができる能力
  4. 【異文化交流】地域人、企業人、他大学の教員・学生など背景の異なる人と 積極的に交流する機会をもつ能力
  5. 【技術者倫理】技術と自然や社会などとの係わり合いと技術者の社会的な責任を理解できる能力

目標B 自立した研究者・技術者として行動する能力

  1. 【自己責任】自立した研究者・技術者として適切な判断と責任ある行動をする能力
  2. 【自己把握】自分自身の幸福や人生の目的ついて考え、自分の特徴を把握する能力
  3. 【環境適応】環境に適応して自らのモチベーションを高める能力
  4. 【変化志向】自ら新しいことに挑戦しチャンスをつかんでいく積極的行動力
  5. 【達成】自立して仕事を計画的に進め、期限内に終えることができる能力

目標 C コミュニケーションをはかり協同作業をする能力

  1. 【発信】日本語による記述、口頭発表を通して発信する能力
  2. 【意見交換】日本語による討議を通して双方向の意見交換がはかれる能力
  3. 【英語基礎】英語によるコミュニケーション基礎能力
  4. 【英語文献購読】英語で書かれた学術論文、技術文書を読み正確に内容を把握する能力
  5. 【リーダーシップ】自ら精力的に行動することで周囲を牽引する能力
  6. 【チームワーク】チームのメンバーと協力して目的を達成する能力
  7. 【傾聴】教員、先輩、友人に自ら進んで指導や助言を受けられる能力
  8. 【育成】後輩を育成・指導できる能力

目標 D 科学、工学の基礎知識を理解する能力

  1. 【数学基礎】数学に関する基礎知識、およびそれらを応用できる能力
  2. 【科学基礎】物理、化学、生物に関する基礎知識、およびそれらを応用できる能力
  3. 【情報基礎】情報技術に関する基礎知識、およびそれらを応用できる能力
  4. 【工学基礎】工学に関する基礎知識、およびそれらを応用できる能力

目標 E 化学、材料に関する工学的問題を解決する能力

  1. 【専門基礎】化学工学量論、熱力学、移動現象論に関する専門基礎知識、 およびそれらを問題解決に利用できる能力
  2. 【無機有機】無機化学、有機化学に関する専門基礎知識、およびそれらを問題解決に利用できる能力
  3. 【物性】材料の物性に関する専門基礎知識、およびそれらを問題解決に利用できる能力
  4. 【材料】材料に関する専門基礎知識、およびそれらを問題解決に利用できる能力
  5. 【基礎実験】物性や材料に関する基礎実験技術、およびそれらを問題解決に利用できる能力
  6. 【総合】物性や材料に関する専門知識を経済性・安全性・信頼性・社会および環境への影響を考慮しながら問題解決に利用できる応用能力、デザイン能力、マネージメント能力

目標 F 工学システムやプロセスを設計する能力

  1. 【プロセス】反応や分離に関する工学専門基礎知識、およびそれらを問題解決に利用できる能力
  2. 【システム】プロセス・システム工学に関する専門基礎知識、およびそれらを問題解決に利用できる能力
  3. 【応用実験】プロセスやシステムを含めた応用実験技術、およびそれらを問題解決に利用できる能力
  4. 【総合】 工学システムやプロセスに関する専門知識を経済性・安全性・信頼性・社会および環境への影響を考慮しながら問題解決に利用できる応用能力、デザイン能力、マネージメント能力

目標 G 現代の社会問題を工学的に解決する能力

  1. 【目標・課題設定】社会の要求と自らの強みの両面を考えて目標や課題を設定する能力
  2. 【問題解決】必ずしも正解のない問題に取り組み、実現可能な解を見つけ出していく能力
  3. 【情報収集】新たな知識や適切な情報を獲得する能力
  4. 【実験】本質を明らかにするために実験を計画し迅速に実行して新しい知見を得ることができる能力
  5. 【分析的思考】先入観にとらわれずに観察し新しい事象を見逃さない能力
  6. 【イノベーション】独創的な提案ができる創造的思考能力