JABEE プログラム of 材料化学工学課程

HOME > JABEE > JABEE プログラム

JABEE プログラムについて

JABEE_logo_2002.jpg材料化学工学課程(旧精密素材工学科)は厳格な認定審査を経て、平成15年3月に化学および化学関連分野(化学工学コース)として正式に認定を受け、材料化学工学課程の技術者教育水準が世界的なレベルにあることが認められました。

JABEEとは大学など高等教育機関で実施されている技術者教育プログラムが、社会の要求水準を満たしているかどうかを外部機関が公平に評価し、要求水準を満たしている教育プログラムを認定する専門認定 (Professional Accreditation) 制度です。

日本技術者教育認定機構(JABEE : Japan Accreditation Board for Engineering Education / 設立 1999年11月19日)は、技術系学協会と密接に連携しながら技術者教育プログラムの審査・認定を行う非政府団体です。

JABBEaccred.jpgJABEE認定証 JABEEが認定したプログラムの修了生は、質の高い技術基礎教育を受けたことが客観的に証明されると同時に、国家資格である「技術士」の第一次試験が免除されます。JABEEは現在、国際的な技術者教育認定に関する条約で、アメリカなど8カ国が加入する「ワシントン協定」に暫定加盟しており、近く正式加盟が認められれば、材料化学工学課程のJABEEプログラム修了者は、欧米主要国の認定プログラム修了者と同等に評価されることになります。

 材料化学工学課程の教育は、「持続性社会の工学を機軸として、繊維学部において充実している材料化学分野を背景に化学工学の発想を生かした特色のある教育をしています。材料化学工学課程は、資源・エネルギー・環境問題の解決に役立ち、材料およびその製造プロセスや利用システムに関する学問を教育し研究することを目標としており、国際的な視野をもった化学、材料系の技術者として必要な能力を身につける教育をしています。特に、材料科学の基礎学力はもとよりデザイン力、基礎工学知識、プロセス・システム工学能力、技術者倫理、コミュニケーション力、コンピュータ知識の教育を実施し、学習目論見、工学実験や卒業研究を通して自主性と総合力をつけることに力点を置いています。そのため、学生も一定以上の成績を挙げることが必要とされるなど、相応の努力が求められます。