教育・研究理念 of 材料化学工学課程

持続性社会の工学

材料化学工学課程は、資源・エネルギー・環境問題の解決に役立ち、持続性のある社会を目指した材料およびその製造プロセス・利用システムに関する学問を教育し、研究する課程です。繊維学部において充実している材料化学分野に、広い工学的視点を養う化学工学を取り入れた特色ある教育をしています。本課程の教育プログラムは 日本技術者教育認定機構(JABEE) から化学工学コースとして認定を受けており、本課程の入学者は入学時から本プログラムを履修することになります。 プログラムを修了した本課程の卒業生は、質の高い技術者基礎教育を受けたことが客観的に証明されると同時に、国家資格である「技術士」の第一次試験が免除されます。卒業生は、化学、電気・電子、機械と幅広い業種へ就職し、材料化学技術者として活躍しています。



SeisoLogo.jpeg