教員紹介

はやさか としひろ

早坂 俊廣

哲学・思想論 教授

教員 BLOG

一覧を見る
寧波プロジェクト

『文化都市 寧波』

出版社から見本が送られてきましたので、来週のなかごろには書店に並ぶのではないかと思います。編者名に私ひとりの名前を出していただいてますが、実際は、須江隆・高津孝・平田茂樹と私の4名で編集作業にあたりました。編集委員の合作である「プロローグ」のほか、私は、「思想の記録/記録の思想-寧波の名族・万氏について」という文章一篇と「「中国のルソー」を育んだもの」「寧波の英雄・張煌言」というコラム二篇、それと「あとがき」を執筆しました。後で触れますように、ずいぶんと長い間この企画に関わってきたものですから、感慨もひとしおです(しかも、奇しくも谷澤淳三先生の御命日に見本が届くとは!) 【早坂俊廣[編]小島毅[監修]『文化都市 寧波』、東京大学出版会、2800円+税】

「東アジア海域に漕ぎだす」

この書物は、「東アジア海域に漕ぎだす」というシリーズの第2巻です。第1巻『海から見た歴史』(羽田正[編])が既刊です。このシリーズ(全6巻)は、平成17年度~21年度文部科学省特定領域研究「東アジアの海域交流と日本伝統文化の形成-寧波を焦点とする学際的創生」による共同研究が起点になっていますので、本来もっと早く刊行されるべきでした。様々な要因が重なって計画が遅延し、やっと刊行されることになりましたが、ぐずぐずしている間に、何ともタイムリー(?)なネーミングになってしまいました。シリーズ名を見て「<東アジア海域>に漕ぎだす、って!」とツッコミを入れた方も多いかと思いますが、こんな時節だからこそ、じっくりと全巻通してご覧いただければ幸いです。 1 海から見た歴史 2 文化都市 寧波 3 くらしがつなぐ寧波と日本 4 東アジアのなかの五山文化 5 訓読から見なおす東アジア 6 海がはぐくむ日本文化

トップページ 教員紹介 早坂 俊廣 ブログ 『文化都市 寧波』

ページの先頭へもどる