信州大学農学部 動物資源生命科学コース
生物資源研究室
Top    Message    Research    People    Facility    Archives   Misc
Archives Education    Poster   

*研究室の活動内容紹介です。配布可能なファイルは関連各ページのほか、ここでもご覧いただけます。


Education    *サムネイルクリックでもジャンプします

・担当授業(新カリキュラム)   *対象学年の小さい順です.  終了したものから講義内容など公開していきます.
農学入門 (3回担当) 【前期】 シラバス (2017年) 
牧場体験ゼミ 【前期集中講義】  *平成29年度牧場体験ゼミ  9月21日-22日実施します
動物資源生命科学概論 (1回担当) 【後期】 シラバス (2017年) 
動物栄養学 【前期】 シラバス (2017年)   講義資料 *期間限定公開です.参照はお早めに.  
  第1回  第2回   第3回   第4回   第5回   第6回   第7回  
   第10回   第11回   第13回   第14回   第15回   試験対策  
*家畜栄養学については、下記を参照してください.  
 DRILL  2017年 問題 正解  2016年 問題 正解  
 中間試験問題と解説   2017年 問題 解説  2016年 問題と正解  
 期末試験問題と解説   2016年 問題 解説  
動物資源化学実験 (3回担当) 【前期】 シラバス (2017年)
草地生態学 (3回担当) 【前期】 シラバス (2017年) 
動植物環境共生学特論/
生物・食資源生産学特論
 (1回担当)
【大学院・前期】
動物資源生産学特論II  (6回担当) 【大学院・後期】
動物資源生産学特別実験実習
 (3回担当)
【大学院・後期】


・これまでの担当授業(旧カリキュラム含む)  
動物と私たちのくらし (2012年-2015年) 【共通教育・前期】 シラバス (2015年) 
生化学  (2015年-2016年) 【前期】    動物資源科学コース、植物資源科学コース対象    
畜産学汎論 (2012年-2014年) 【後期】  
家畜栄養学 (2012年-2015年) 【前期】 シラバス (2015年)   小テスト  (2012年)  (2013年)  (2014年)  
      DRILL  問題 正解と解説  2014年
 過去の中間試験問題
  (2012年)   (2013年)   (2014年)   (2015年)
食料生産利用学動物実験T (2012年-2015年) 【前期】 シラバス (2015年)
動物資源生産学 (2012年-2016年) 【前期】 シラバス (2016年) 
動物資源生産学特論 (2012年-2015年) 【大学院・前期】
動物資源生産学特別実験実習 (2012年-2015年) 【大学院・後期】




・牧場体験ゼミ(9月実施)

【概要】
信州大学農学部動物資源生命科学コース 当年度入学生を対象とした合宿形式のゼミを実施し
近隣の酪農関連施設の見学や作業体験を通して「動物生産や畜産物」に関する理解を深め、また教員と学生との交流を図るものです.

平成25年度 (平成25年9月5日-7日)
photo2 photo4 photo5 photo8 photo9 photo12 photo13 photo15


平成24年度 (平成24年9月19日-21日)
photo1 photo1 photo1 photo1 photo1 photo1 photo1 photo1


・講習「動物と人間と微生物」(平成25年11月23日) *教員免許状更新講習「ものをつくる動物たち」の分担として行いました
動物生産のしくみの合理性を踏まえつつ、そのしくみの中で微生物がどのようにかかわっているか、
また微生物と食品、ヒトの健康とのかかわりについて解説します。


・模擬授業(長野県伊那北高等学校: 平成25年7月19日)  *伊那北高等学校webサイト "学校生活だより" にも掲載していただきました

【概要】
・(講義[60分]) 牛が草を栄養にできるのはなぜ? 〜畜産物と私たちのくらし〜
・(クイズの解答紹介[15分]) この問題 、ここでも答えてもらいました
・(質疑応答[20分])
  講義内容についての質問、農学部で学んでいくうえで大切なこと、大学卒業後の進路…などなど
  できるだけ正確に(そしてせっかくなのでありのままを?)答えるよう努めましたが...皆さんの進路選択の参考になったでしょうか.
  大切なのは自身の将来に合うように大学を選び、大学での生活を自身でデザインすること、
  その結果信大農学部を進学先に選んでくれたら、とてもうれしいです.2年後松本でお会いしましょう。


・オープンキャンパス 体験実験(平成24年8月4日)

「牛が草を栄養にできる理由を探る」
牛は草を食べて大きくなります。それは人間とは違う消化のしくみを持ち、草の主な成分である繊維を栄養にできるからです。
人間と牛の消化のしくみを人工的に再現してみて、それぞれが何を食べて生きていけるかを一緒に考えてみませんか?

*解説  (PDF) と 動画  (WMV; 羊の胃の中の微生物です) 

photo1 photo1 photo1 photo1 photo1 photo1 photo1 photo1



Poster, etc.

*PDFは別ウィンドウで開きます

生物資源研究室 TOP