生理学的データ統合システム
PHYSIOLOGICAL DATA INTEGRATION SYSTEM

生理学的データ統合システムとは?

生体埋込型・装着型デバイス開発の加速と、医療機器承認取得のためのツールボックス
これまで医療機器の研究開発は、デバイスごとに個別に行われ、蓄積される知識と技術が共有されず非効率的でした。
コンソーシアムでは、埋込型・装着型デバイス開発の知見とプロセスを集約し、活用可能なデータとして体系化する「生理学的データ統合システム」を構築します。
これにより、研究開発と認証の期間短縮・コスト低減を実現し、有用性と安全性を高度に両立した高質な埋込型・装着型デバイスを実現します。さらに、新学域「生体適合システム学」を創成します。
またコンソーシアムは、個々の研究開発において情報交換が可能な場となり、多角的なオープンイノベーションを推進します。
以上により、生体埋込型・装着型デバイスの基幹産業を育成し、一生涯自立して生活できる社会を実現することを目的とします。

研究体制・参画企業

4つの意義

【意義1】
より有効で安全な生体埋込型・装着型デバイスを簡便かつ短期間(開発期間及びPMDA等の審査に要する期間の短縮と、それに伴う低コスト化)で創出できます。
【意義2】
開発者のみならずPMDAにも有用な、生体埋込型・装着型デバイスのハザード設定をシミュレーションすることができます。
【意義3】
生体埋込型・装着型デバイスに対する全身レベルでの安全性評価の標準化(ISO等)を推進できます。
【意義4】
新学域「生体適合システム学」の創生と高度人材育成による生体埋込型・装着型デバイス産業創生を進められます。