ホーム > がんプロとは

がんプロフェッショナルとは

がんプロフェッショナルとは

信州大学医学部における
「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」

信州大学医学部医学部長
池田 修一

現在,国民の2人に一人はがん(悪性腫瘍)に罹患し、3人に一人はがんで亡くなる時代を迎えています.このような背景とがん医療に関する国民の強い要望に応えるべく、がん医療を担う人材育成を目的として,平成19年に文部科学省は,がん医療人育成を支援する「がんプロフェッショナル育成プラン」を開始しました.平成24年からは,この取り組みをさらに発展させるため,新たに「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」が開始されました。信州大学は慶応大学を主幹校とする南関東圏におけるがん医療人育成グループに属し、連携大学と連携する一方で、長野県下の地域がん診療連携病院とも連携し,人材交流を積極的に行いながら、「地域がん医療に貢献する専門医師育成」を重点に置いた人材育成計画を立てています。

がん医療の専門医を育成するためには,臓器別の取り組み以外に,全てのがん医療に共通する化学療法、放射線療法および緩和医療について,深く学ぶ事のできる環境を整備することが求められます.今回,信州大学では、卒前・卒後のがん専門医育成・指導を継続的にできるよう、がんに特化した講座「包括的がん治療学講座」を開設し、化学療法、放射線療法および緩和医療に精通したスタッフを配備し、がん医療人育成のための教育、研究、診療体制を構築しました。本事業では、がんに関するリサーチマインドを有する指導者および臨床現場でのがん医療のリーダーを育成します。

この新規講座では,臓器横断的に化学療法、放射線治療、緩和医療等を習得し、広く均等の取れた臨床腫瘍学を研鑽でき,さらに,基礎・臨床研究を修練することで、専門医および学位(博士)の同時取得を目指す指導体制をとっています。大学院博士課程、および一般社会人枠にも本事業参加医師を募集しています。

是非,多くの若い方々に、信州大学の「がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン」に参加し、がん医療の専門医となって、大きな社会貢献をされることを願っています。

信州大学大学院医学部
がんプロフェショナル養成基盤推進プランコース案内

本教室は、がん専門医育成を目的に2012年10月に新設された教室です。信州大学医学部では、がんプロフェショナル養成基盤推進プラン、また医学部附属病院では都道府県がん診療拠点病院としての医療人育成の責務推進のために、開設された講座でがん専門医育成の基盤推進の場となっています。がん化学療法、放射線治療、緩和医療を包括的に診療実践および研修できるような診療および教育体制を構築しています。

信州大学医学部の大学院生の指導体制は、主および副指導教授の連帯性をとっています。院生の希望に沿い2名の指導教官と相談の上、院生の希望に応じて以下の2つのコースのどちらかを選択し、指導していきます。

コース案内の概略をしまします。詳細はコース案内、連携教室を参照ください。

1)基礎研究コース
悪性腫瘍の生物学的特性を基礎的研究から解明し、臨床応用への手がかりとなるような、基礎研究を行うためのコースです。研究テーマは、がんの発生、転移、がんの分子生物学特性、病理、遺伝子解析、疫学調査、さらに薬剤感受性および耐性のメカニズムの解明などです。一方で、3年目に臨床研修期間を半年から一年間設定します。臨床研修期間には、化学療法・放射線療法、緩和医療を広く診療履修します。樹状細胞免疫療法、外科、がんリハビリなど先進的な治療や臨床研究の関与なども設定可能です。このコースは、基礎および臨床を学びトランスレーショナルリサーチへの探究心を育成することを目標にしています。

2)臨床研究コース
悪性腫瘍の治癒率向上を目指した様々な臨床研究を行うためのコースです。臨床研究の立案、実施、分析および結果の解釈等を研修します。我々の教室で臨床研究・診療に従事することを基本としますが、院生の所属診療科または連携病院で、臨床研鑽を遂行することも可能です。しかし、4年間の中で一年間は当教室に属し、臨床研修期間を設けます。各学会の認定がん専門医の資格取得も可能な教育カリキュラムを敷いています。希望により基礎研究に従事可能な時期を設定することも可能です。

関連リンク:慶應義塾大学 がんプロフェッショナル養成基盤推進プラン

このページの先頭に戻る