センターについて

地域保健推進センターについて

コンセプト

  • 保健分野での地域貢献を推進します。
  • 様々な情報を発信し、学内関連部局・行政機関・保健医療福祉関連団体・関連職能団体・企業等との連携を図り、保健分野におけるニーズとシーズのマッチングと展開を行います。
  • 学部生・院生を対象とした教育・研究活動、地域で活動している医療職者を対象とした研修・教育、根拠に基づいた実践を推進するための研究活動など、組織的な展開を目指します。
  • 地域住民を対象とした研修や啓発活動を行います。

センター長挨拶

地域保健推進センター
センター長
池上 俊彦

このたび金井誠教授の後任として、本年4月1日付けで信州大学医学部地域保健推進センター長に就任した池上俊彦です。

地域保健推進センターは、医学部保健学科を中心として、医学科、附属病院、バイオメディカル研究所などとの学内連携、及び関連機関、地域住民等との多様な地域連携や社会連携に基づいた地域保健活動推進の拠点として平成26年に設立されました。

保健学科では幅広い視点を持ち、科学的根拠に基づいた判断力を有し、自ら課題の克服や目標達成に取り組むことができる看護師、保健師、助産師、臨床検査技師、理学療法士、作業療法士といった医療専門職を育成しており、さらに信州大学大学院医学系研究科保健学専攻を含め、より高度な専門医療職者を養成する教育システムと人材が揃っています。

本センターでは学内連携により、予防医療、在宅医療、診断・治療、リハビリテーションなどに関する教育・研究のさらなる充実を図り、行政機関と連携した保健指導体制の確立や共同研究、関連職能団体と連携した専門領域別卒後教育支援や潜在医療職者の復帰支援の推進、超高齢社会における介護・予防医療に関する教育と情報発信、地域住民の保健行動に関する関心隆起、関連企業との連携に基づく医療機器や福祉機器等のものづくりの推進と臨床応用などを展開しております。

一方で、わが国は少子高齢社会に突入し、質の高い医療、保健、福祉の提供が求められており、健康の維持・推進や疾病の予防対策は重要な課題となっています。特に今年はコロナ禍において、自分の命を守り地域住民を守り地域の医療を守るために、感染症拡大防止策や個人としての罹患予防対策が実際に強く求められています。このようなことに対して地域保健推進センターを核に、保健学科の様々な資源を学内・学外の資源と有機的に連携させて、これらの課題解決に結びつけて地域貢献に寄与したいと考えております。関連機関・地域住民の皆様には、引き続きご協力とご支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ページトップへ