信州大学HOME

  1. ホーム
  2. スタッフ紹介

スタッフ紹介

駒津 光久  教授

糖尿病・内分泌代謝学はこれからも益々発展する分野です。この分野を牽引する若手医師の育成に関われる事を誇りに前向きに進みます。医局員をはじめ関連する方々が十分に活躍できる環境を整えたいと思います。皆様の温かいご声援、ご協力をお願い申し上げます。

山崎 雅則  准教授

専門性の高い糖尿病学・内分泌代謝学の魅力を診療、研究を通して私達とともに感じてみませんか。

佐藤 亜位  講師

信州生まれ信州育ちです。地域の皆さんの健康長寿に貢献できるよう、日々努力したいと思います。

大岩 亜子  講師

大好きな信州で、毎日自由に楽しく医療に携わることができ、医局と家族のおかげだと感謝しています。今の医療界には情報があふれていますので、「何がわからないことなのかがしっかりわかる」こと、「情報に振り回されず自分で論理的に考えることができる力」を身につけることがとても重要だと日々痛感しています。「生涯マニュアル車」のモットーはそろそろ取り消しになりそうです。。。

大久保 洋輔 助教

信州で生まれ育ち、地元である信州大学で臨床・研究と、のびのびと仕事をさせていただいています。学生時代に心にひっかかる診療科であったことが糖尿病内分泌代謝内科へ入局を決めたきっかけだったように思います。当科の特徴として臨床での手技が少ないことはありますが、患者さんの背景を含め総合的に患者さんにかかわり、医局の仲間と日々議論を交わしながら進める臨床の仕事は、内科の醍醐味を日々感じています。 研究ではその奥深さに圧倒されますが、こつこつと自分の足で一歩ずつ歩んでいくことを楽しんでいます。少しでも糖尿病・内分泌の分野に興味があれば、ぜひ当科で一緒に頑張りましょう。

河合 裕子  助教

糖尿病・内分泌代謝の分野はとても奥深く、日々の診療の中で新たな発見があります。患者さんの症状や身体所見、検査結果から診断、病態を紐解き、治療方法を決めていくプロセスは難しさもありますが、とても興味深いものです。また、病気と長い期間お付き合いをしていく必要のある方が多い分野でもあり、そういった患者さんに主治医として長く寄り添える点も当科の魅力だと思います。興味のある方はぜひ一度見学にいらしてください。

川田 伊織  助教

糖尿病や内分泌疾患は緊急性がそれほど高くないことが多いので、じっくりと考えたり患者さんと話をして治療や検査をしていく傾向があります。そういったことに興味がある先生方は是非きてみてください。

北島 浩平  助教 

糖尿病・内分泌代謝内科は糖尿病という一般疾患かつ患者さんの長期のライフステージに関わる分野と、内分泌という専門的で奥深い分野を同時に扱います。興味のある方、ぜひ一緒に学んでいきましょう。

久保田 諭史 助教

ごく小さな内分泌器官から分泌される微量のホルモンが、全身のホメオスタシスに与える影響の大きさに感激して内分泌学を志しました。興味のある方、臨床や研究を通して生命の神秘を一緒に感じてみませんか。

島田 恭輔  助教

Von Herzen - Möge es wieder - zu Herzen gehen !

倉石 貴文  医員

長野県出身で、ここ信州でお仕事をさせて頂いています。よろしくお願いします。

高山 昇平  医員

糖尿病・内分泌いずれも患者さん一人一人に沿った治療が必要です。患者さんにとって最良の医療を提供できるように頑張ります。

淺野 有紀  医員

久しぶりの大学病院ですが、周りのスタッフの方々と協力して患者さんに最適な入院・外来治療を提供できるように頑張っていきたいと思います。

山岸 光一  医員

まだまだ研鑽中の身ですが、糖尿病・内分泌治療を担う一員として努力してまいります。

岡田 玄児  医員

まだまだ若輩者で未熟な点も多いですが、糖尿病・内分泌の領域で一人前になれるように信州大学病院で多くのことを学んでいきたいと思います。

唐澤 崇之  医員

まだまだ未熟な点も多いですが、日々勉強して一歩一歩前進できたらと思います。どうぞよろしくお願いします。

鈴木 雄一朗 医員

糖尿病に興味があって当科を志望しました。よろしくお願いします。

小川 幸希  医員

今年入局しました小川 幸希と申します。信州の医療に貢献できるよう日々精進してまいります。よろしくお願いします。

戸塚 諭志  医員

まだまだ未熟ではありますが、患者さんと向き合い、よりよい医療ができるように頑張っていきたいと思います。よろしくお願いします。

森下 開   医員

患者さんに安心・安全な医療を提供できるよう頑張ります。よろしくお願いします。

服部 由紀子 非常勤医師 

やさしいお医者さんを目指します。よろしくおねがいします。

兼子 敦子  非常勤医師 

様々な病気を共に頑張っていらっしゃる患者さんとお話ししながら悩みつつ、最善の治療が出来る様に頑張ります。

中村 純子  非常勤医師 

小林 由紀  非常勤医師 

長野県での生活も長くなりました。今後も頑張っていきたいと思います。


出向中の先生

関戸 貴志  先生(岡谷市民病院)

信州が好きで戻ってきました。一緒にがんばりましょう。

北原 順一郎 先生(長野市民病院) 

糖尿病患者さんの治療は、一時薬を出しておけば終わりというものではありません。その患者さんの人生に長く向き合い、寄り添っていくことが必要になります。とても根気のいる難しい学問ですが、患者さんから多くのことを学び、自分の人生もとても豊かなものになっています。是非一度見学にいらして下さい。

柴田 有亮  先生(長野赤十字病院)

糖尿病はそれぞれの患者さんの生活に興味を持ちそれに応じた治療法を考える多様性が必要であり、内分泌はわかっていることにも疑問を持ち探求する奥深さがあると思います。様々なことに興味を持ち考えることで楽しさを実感できる分野だと思います。熱く、楽しく、おもしろく!考えることが好きな方も、ただ楽しいことが好きな方も是非!

宮腰 隆弘  先生(相澤病院)

佐野 麻美  先生(信州上田医療センター)

内分泌代謝は難しい分野ですが、一つ一つ考えながら検査や治療を進めていく事がとても楽しいです。早く自信を持って診療できるよう、精進します。

越 智通   先生(長野市民病院)

専門研修中

提坂 浩之  先生(松本市立病院)

専門研修中

山口 朋彦  先生(篠ノ井総合病院)

阿部 正和  先生(篠ノ井総合病院)

専攻医専門研修中

金澤 佐奈  先生(岡谷市民病院)

病気ではなく病人をみる、という気持ちを忘れずに、日々精進してまいります。

宮本 晃男  先生(長野市民病院)

専攻医専門研修中

宮本 有夏  先生(信州上田医療センター)

専攻医専門研修中

田中 博貴  先生(岡谷市民病院)

専攻医専門研修中

土屋 泰佑  先生(相澤病院)

これからも増えるであろう糖尿病患者さんのQOLを少しでも向上させることができればと思い、日々精進してまいります。

宮本 真吾  先生(長野赤十字病院)

皆様の健康のお役に立てるようがんばります。よろしくお願いします。

小出 咲穂  先生(相澤病院)

故郷である信州の自然の素晴らしさや、その中で過ごす方々の心の豊かさに日々感銘を受けています。長野県民の健康寿命延伸のため、一生懸命頑張ります。

佐々木 柚香 先生(長野赤十字病院)

患者さんの生活に寄り添い、ともに疾患と向き合っていく存在となれるよう、学びを深め、日々精進していきたいと思います。

滝沢 元基  先生(諏訪赤十字病院)

日々精進し、患者さんの思いに寄り添える医師を目指します。

西井 郁生  先生(飯田市立病院)

初心を忘れず、全身をしっかり診ることのできる意思を目指したいと思います。どうぞよろしくお願いします。

宮腰 若菜  先生