軽井沢プロジェクト

地域の中心となる「医師が働きたい」病院を目指して

地域医療は様々な問題を抱えており、日本では地域の医師不足が深刻になっています。本事業は、信州大学、東京大学先端科学技術研究センター、軽井沢町の包括連携協定に基づいて、医学だけではなく、法学、経済学等の社会科学分野と連携して、「医師が働きたい」病院づくりを目指して、志の高い医師たちと共同して、地域づくりの中心となる病院のモデルを作ることを目的とし、取り組んでいます。

ビジョン

①「医師が働きたい」病院を目指して、社会科学と共同して、医師たちが委縮せずに安全な医療を提供できる労働環境を検討していく。

②「志の高い医師たちが臨床スキルを磨きつつ、日常臨床において感じる臨床疑問を研究デザインして、研究による解決を目指す能力を身につける教育指導体制を整備する。

③住民のことを深く知り、住民の未病を予防していく健康プロジェクト研究を推進する。一つの研究プロジェクトとして、未病の典型とされる高血圧に関する先端の基礎理論に基づいて、高血圧と、認知症、フレイルに関する臨床研究をデザインして、住民の未病の原因とその予防策を検討していくプロジェクトを進めていく。

リサーチクリニカルフェロー(特任教員)募集

当プロジェクトではリサーチクリニカルフェロー(特任教員)を募集しております。下記募集要項をよくお読みになったうえでご応募ください。

募集要項

応募要件

地域医療を支える総合診療医としての臨床能力向上に意欲があり、同時に、臨床医学や予防医学への興味と高い探究心を兼ね備えたリサーチ・マインドあふれる医師の皆様のご応募を期待しています。

待遇

1 職位:軽井沢病院常勤医 + 信州大学特任教員(研究)
※業績によって研究員、助教、講師、准教授になります。

2 臨床:週4日軽井沢病院勤務。土日祝休み。ただし、当直および土日の半日直(月3.5-4回程度)

3 研究:週1日(2コマ)。研究指導を受けるとともに、自ら研究できます。

4 待遇:軽井沢病院常勤医の規定による。
(参考年収 30歳(6年目)1100万円~1200万円 当直時間外手当除く)

5 その他:信州大学の基本文献や統計ソフト等の利用可能。研究費支給あり。

応募方法

2018年9月30日までに、ご連絡先(電話番号、メールアドレス)を明記の上、履歴書と業績一覧を添付の上、project_k@shinshu-u.ac.jpまでメールか、〒389-0111 軽井沢町長倉5304-6信州大学軽井沢オフィスまで郵送ください。  お問い合わせは、 project_k@shinshu-u.ac.jp または0267-31-5360(担当:丸橋)まで。

HOME
ABOUT US
PROJECT
EVENT
MEMBER
CONTACT
ACCESS