• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

修士課程 医科学専攻

運動機能学

分野の概要

当科は、上肢、下肢、脊椎、腫瘍の臨床グループに分かれて診療をしています。一般病院では治療が困難な外傷や疾病の治療を行っています。このような臨床実績から、臨床的な問題を基礎研究テーマとしており、基礎研究は各臨床班の中で行われています。超高齢化社会の日本の中でも平均寿命日本一の信州の特色を生かして、加齢によって生じる筋、神経、骨、関節などの運動器障害の克服を研究テーマの共通の柱にしています。

研究テーマ

上肢グループ (加藤教授、内山准教授)
・腱・手指関節のバイオメカニクス
・手根管・肘部管症候群の疫学、病態、治療法、予後に関する臨床研究
・肩腱板断裂に対する低侵襲手術
・筋の加齢(サルコペニア)に関する基礎的研究

下肢グループ(斉藤直人保健学科教授、天正助教)
・カーボンナノチューブを用いた生体材料開発
・低侵襲人工関節手術
・チャンレー人工股関節の長期成績
・下肢関節軟骨再生医療に関する臨床研究

脊椎グループ(高橋講師、向山診療助教、倉石診療助教)
・ナビゲーションを用いた脊椎手術
・脊柱側弯症に対する臨床研究
・脊柱側弯症の矯正手術の有限要素法による応力解析
・早期発症側弯症に対する新しい手術法の開発
・脊椎低侵襲手術

腫瘍グループ(吉村講師、青木助教、大学院生)
・転移性軟部腫瘍
・骨軟部腫瘍の遺伝子解析
・骨軟部欠損後の骨再生医療に関する臨床研究
・悪性骨軟部腫瘍に対する四肢温存

骨粗鬆症グループ(内山准教授、向山啓二郎、伊坪敏郎、池上章太、上村幹男 かみむらクリニック)
・骨密度調査、骨形態観測
・骨代謝マーカー、各種ホルモンやビタミン
・骨粗鬆症治療薬が骨折の治癒に与える影響

腱再生グループ(林医員、内山准教授、大学院生)
・腱組織の分化メカニズムや分子レベルでの機能
・腱の再生、修復、変性
・指の腱損傷、ばね指、手根管症候群の腱の再生、修復、変性

骨格筋加齢研究グループ(加藤教授、山田充彦 分子薬理学教授、大学院生)
・加齢による骨格筋の変性
・加齢による骨格筋の遺伝子、タンパク、筋力の変化

スタッフ

教授

加藤博之

准教授

内山茂晴

講師

羽二生久夫、高橋 淳

 

助教

天正恵治、林 正徳、中村幸男

その他

11名

学生数

修士課程学生数

0名

研究室の所在及び連絡先

研究室の場所:臨床研究棟3階

主要な成果/Major Publications

  1. Haniu H, Matsuda Y, Usui Y, Aoki K, Shimizu M, Ogihara N, Hara K, Okamoto M, Takanashi S, Ishigaki N, Nakamura K, Kato H, Saito N. Toxicoproteomic evaluation of carbon nanomaterials in vitro. J Proteomics. 2012; 74: 2703-12.
  2. Yamazaki H, Takeoka M, Kitazawa M, Ehara T, Itano N, Kato H, Taniguchi S. ASC plays a role in the priming phase of the immune response to type II collagen in collagen-induced arthritis. Rheumatol Int. 2012; 32:1625-32. 
  3. Nakamura Y, He X, Kato H, Wakitani S, Kobayashi T, Watanabe S, Iida A, Tahara H, Warman ML, Watanapokasin R, Postlethwait JH. Sox9 Is Upstream of MicroRNA-140 in Cartilage. Appl Biochem Biotechnol. 2012; 166: 64-71.
  4. DeLaurier A, Nakamura Y, Braasch I, Khanna V, Kato H, Wakitani S, Postlethwait JH, Kimmel CB. Histone deacetylase-4 is required during early cranial neural crest development for generation of the zebrafish palatal skeleton. BMC Dev Biol. 2012; 12:16.
  5. Iwasaki N, Kamishima T, Kato H, Funakoshi T, Minami A. A retrospective evaluation of magnetic resonance imaging effectiveness on capitellar osteochondritis dissecans among overhead athletes. Am J Sports Med. 2012; 40: 624-30.
  6. Shiozawa R, Uchiyama S, Sugimoto Y, Ikegami S, Iwasaki N, Kato H. Comparison of splinting versus nonsplinting in the treatment of pediatric trigger finger. J Hand Surg Am. 2012; 37: 1211-6.
  7. Narita N, Takao M, Innami K, Kato H, Matsushita T. Minimally invasive subtalar arthrodesis with iliac crest autograft through posterior arthroscopic portals: a technical note. Foot Ankle Int. 2012; 33: 803-5.
  8. Itsubo T, Fukushima N, Kakegawa A, Yokouchi K, Kawagishi K, Kato H, Moriizumi T. Effects of repeated crush injuries on motor functional recovery of the sciatic nerve. Neurol Res. 2012; 34: 908-14.
  9. Ogihara N, Usui Y, Aoki K, Shimizu M, Narita N, Hara K, Nakamura K, Ishigaki N, Takanashi S, Okamoto M, Kato H, Haniu H, Ogiwara N, Nakayama N, Taruta S, Saito N. Biocompatibility and bone tissue compatibility of alumina ceramics reinforced with carbon nanotubes. Nanomedicine-UK. 2012; 7: 981-93.
  10. Uehara M, Takahashi J, Hirabayashi H, Hashidate H, Ogihara N, Mukaiyama K, Kato H. Computer-assisted C1-C2 Transarticular Screw Fixation "Magerl Technique" for Atlantoaxial Instability. Asian Spine J. 2012; 6: 168-77.

修士課程 専攻案内

メニュー