• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

修士課程 医科学専攻

代謝制御学

分野の概要

当分野では、幅広い代謝学領域において最近注目度の高い機能性脂質分野に焦点を絞り、動物~分子レベルの研究開発を行っています。生化学・分子生物学・代謝(栄養)学・毒性学を背景とするユニークな研究を行い、高度な研究者の育成を主たる目標としています。
下記2分子に注力し、生理的機能探索~関連病態の解明および治療・予防法開発に取り組んでいます。

  1. 脂質代謝・細胞増殖・炎症などを統括的に制御する核内受容体:PPAR
  2. 血栓形成阻害因子・神経鞘絶縁物質である糖脂質:スルファチド

研究テーマ

1.糖尿病治療剤(PPARデュアルアゴニスト)の開発
2.C型肝炎・肝発がん発症予防処方の開発と増悪因子の同定
3.アルコール性脂肪肝炎(ASH)の発症寄与因子の同定と治療法の開発
4.非アルコール性脂肪肝炎(NASH)の発症寄与因子の同定と治療法の開発
5.抗高脂血症剤(魚油製剤・フィブラート製剤)の新たな作用機序の解明
6.コレステロール・胆汁酸代謝の新たな統括因子の同定
7.高コレステロール食誘導性NASHの発症機構の解明と発症予防法の開発
8.内分泌かく乱物質(プラスチック可塑剤・除草剤など)の生殖毒性発生機構の解明
9.腎炎モデルマウスの開発と発症機序の解明および治療法の開発
10.腎機能障害・肝機能障害と血中スルファチドの因果律の同定
11.慢性腎疾患患者の血中スルファチド濃度と脳・血管障害発症の関連検索による新たなバイオマーカーの開発

以上について、他機関と共同で研究を進めています(共同研究先:信州大学医学部腎臓内科;アメリカ 国立癌研究所 代謝部門 など)。 当教室では、ゲノム・プロテオーム・メタボロームの各種解析手法を用いて、動物に生じた現象(表現型変化)を蛋白・脂質・核酸レベルで裏付ける実験を主体としています。
当教室では他学部出身の学生さんも大いに歓迎します。基礎医学研究に興味のある方や研究一筋のライフスタイルを目指す方を歓迎します。他学部出身者も大いに飛躍・活躍しています。(下図参照)

 

mr.jpg

 

 

スタッフ

教授

青山 俊文

准教授

田中 直樹

助教

中嶌 岳郎

その他

1名

学生数

修士課程学生数

0名

研究室の所在及び連絡先

研究室所在地:疾患予防医科学系専攻研究棟 西棟3階
TEL:0263-37-2849、2850、2851
E-mail: aoyamato@shinshu-u.ac.jp (青山)

主要な成果/Major Publications

  1. Nagaya T, Tanaka N, Suzuki T, Sano K, Komatsu M, Umemura T, Nakjima T, Ichijo T, Yoshizawa K, Nakayama J, Tanaka E, Aoyama T.
    Down-regulation of SREBP-1c is associated with the development of burned-out NASH.
    J Hepatol  in press.  (IF = 7.1)
  2. Okiyama W, Tanaka N, Nakajima T, Tanaka E, Kiyosawa K, Gonzalez FJ, Aoyama T.
    Polyenephosphatidylcholine prevents alcoholic liver disease in PPARα-null mice through attenuation of increases in oxidative stress.
    J Hepatol  2009; 50: 1236-46.  (IF = 7.1)
  3. Nakajima T, Tanaka N, Kanbe H, Hara A, Kamijo Y, Zhang X, Gonzalez FJ, Aoyama T.
    Bezafibrate at clinically relevant doses decreases serum/liver triglycerides via down-regulation of sterol regulatory element-binding protein-1c in mice: a novel peroxisome proliferator-activated receptor alpha-independent mechanism.
    Mol Pharmacol  2009; 75: 782-92.  (IF = 4.7)
  4. Komatsu M, Yazaki M, Tanaka N,--- , Kiyosawa K, Saheki T, Aoyama T, Kobayashi K.
    Citrin deficiency as a cause of chronic liver disorder mimicking NAFLD.
    J Hepatol  2008; 49: 810-20.  (IF = 7.1)
  5. Tanaka N, Moriya K, Kiyosawa K, Koike K, Gonzalez FJ, Aoyama T.
    PPARα activation is essential for HCV core protein-induced hepatic steatosis and hepatocellular carcinoma in mice.
    J Clin Invest  2008; 118: 683-94.  (IF = 16.6)
    日本肝臓学会賞/Schering-Plough賞受賞論文
  6. Kamijo Y, Hora K, Kono K, Takahashi K, Higuchi M, Ehara T, Kiyosawa K, Shigematsu H, Gonzalez FJ, Aoyama T.
    PPARα protects proximal tubular cells from acute fatty acid toxicity.
    J Am Soc Nephrol  2007; 18: 3089-100.  (IF = 7.5)
  7. Kamijo Y, Hora K, Nakajima T, Kono K, Takahashi K, Ito Y, Higuchi M, Kiyosawa K, Shigematsu H, Gonzalez FJ, Aoyama T.
    Peroxisome proliferator-activated receptor α protects against glomerulonephritis induced by long-term exposure to the plasticizer di-(2-ethylhexyl)phthalate.
    J Am Soc Nephrol  2007; 18: 176-88.  (IF = 7.5)
  8. Nakajima T, Kamijo Y, Tanaka N, Sugiyama E, Tanaka E, Kiyosawa K, Fukushima Y, Peters JM, Gonzalez FJ, Aoyama T.
    Peroxisome proliferator-activated receptor α protects against alcohol-induced liver damage.
    Hepatology  2004; 40: 972-80.  (IF = 11.4)
  9. Kamijo Y, Hora K, Tanaka N, Usuda N, Kiyosawa K, Nakajima T, Gonzalez FJ, Aoyama T.
    Identification of functions of peroxisome proliferator-activated receptor α in proximal tubules.
    J Am Soc Nephrol  2002; 13: 1691-702. (IF = 7.5)
  10. Aoyama T, Peters JM, Iritani N, Nakajima T, Furihata K, Hashimoto T, Gonzalez FJ.
    Altered constitutive expression of fatty acid-metabolizing enzymes in mice lacking the peroxisome proliferator-activated receptor α (PPARα).
    J Biol Chem  1998; 273: 5678-84.  (IF = 5.5)  (引用回数:382)

修士課程 専攻案内

メニュー