• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

修士課程 医科学専攻

糖尿病・内分泌代謝内科学(旧:加齢病態制御学)

分野の概要

当科は、教室の伝統である「内分泌学、老年医学」の研究・診療を継承するとともに、糖尿病を中心とした生活習慣病の研究・診療を新たなメインテーマに掲げました。国際的に活躍できる人材および地域医療を担うことのできる糖尿病・内分泌代謝疾患の専門医の育成を目指し、基礎研究、臨床研究、教育および日常診療を行っています。

研究テーマ

1.  膵β細胞からのインスリン分泌機構の研究

我々は、膵β細胞でのインスリン分泌機構における、生理的な特性やメカニズムの仮説をたて検証してきました。また、インクレチンのセカンドメッセンジャーであるcAMPの生理的な作用機構の解明にも挑んでいます。

2.  糖尿病の疫学、治療に関する臨床研究

高齢者糖尿病や糖尿病性腎症の治療に関するエビデンスを構築し世界に向かって新たな知見を発信していく予定です。

3.  ベッドサイド型人工膵臓を用いた「病態解析」と「厳密な血糖コントロール」

糖尿病の病態解析やインスリン抵抗性の定量的評価の目的で、グルコースクランプを施行しています。今後は、内科的疾患の急性期、周術期、救急症例の血糖管理に応用していく予定です。

4.  脂溶性ホルモン、ビタミンによる抗老化作用の臨床応用

甲状腺ホルモンの抗老化作用、またビタミンAで誘導される抗癌効果を利用し、新しいホルモン作用を利用した健康長寿に繋がる創薬を夢見て研究しています。

5.  カーボンナノチューブと組換えアデノウイルスによる高効率遺伝子導入法の開発と応用

カーボンナノチューブを用いて新たな高効率遺伝子導入法を確立することを研究の目標とし、さらに癌に対する遺伝子治療等に役立てることを模索しています。

6.  GLP-1による細胞性免疫の修飾

GLP-1の膵外作用の一つとして免疫系の修飾が考えられています。2型糖尿病の進展要因としての慢性炎症に着目し、細胞性免疫の観点からこの修飾(抗炎症作用)の機構を明らかにすることで、2型糖尿病における新たな治療法を開発することを目指しています。

7.  ホルモン受容体とメタボリック症候群

エストロゲン受容体(ER)、甲状腺ホルモン受容体(TR)によるインスリンプロモーターの制御機構などについて研究を行っています。

 

スタッフ

教授

駒津光久

准教授

佐藤吉彦

講師

西尾真一

助教

関戸貴志、大岩亜子、佐藤亜位、大久保洋輔

その他

6名

学生数

修士課程学生数

0名

研究室の所在及び連絡先

〒390-8621  長野県松本市旭 3-1-1
信州大学大学院医学研究科  糖尿病・内分泌代謝内科学分野
TEL 0263-37-2686 / FAX 0263-37-2710

主要な成果/Major Publications

  1. Suzuki S, Nishio SI, Takeda T, Komatsu M (2012) Gender-specific regulation of response to thyroid hormone in aging. Thyroid Res 26: 5(1): 1.
  2. Suzuki S, Nishio SI, Ishii H, Sato A, Takeda T, Komatsu M (2012) Availability of self-recorded axillary temperature for assessment of thermic effects of food: relationship between HDL-cholesterol level and postprandial thermoregulation in type 2 diabetic patients. Exp Clin Endocrinol Diabetes 120(2): 96-100.
  3. Inaba H, Suzuki S, Takeda T, Kobayashi S, Akamizu T, Komatsu M (2012) Amiodarone-induced thyrotoxicosis with thyroid papillary cancer in multinodular goiter: case report. Med Princ Pract 21(2): 190-192.
  4. Suzuki S, Shigematsu S, Inaba H, Takei M, Takeda T, Komatsu M (2011) Pituitary resistance to thyroid hormones: pathophysiology and therapeutic options. Endocrine 40(3): 366-371.
  5. Ishii H, Sato Y, Takei M, Nishio S, Komatsu M (2011) Glucose-incretin interaction revisited. Endocr J 58: 519-525.
  6. Mori J, Sato Y, Ishii H, Komatsu M (2011) Bariatric surgery on type 2 diabetes mellitus patients in Japan. The Shinshu Medical Journal 59: 273-280.
  7. Imai H, Ohta K, Yoshida A, Suzuki S, Hashizume K, Usami S, Kikuchi T (2010) mu-crystallin, New candidate protein in endotoxin-induced uveitis. Invest Ophth Vis Sci 51: 3554-3559.
  8. Yamazaki M, Sato A, Nishio S, Uehara T, Komatsu M (2010) Transient polyuria related to central diabetes insipidus caused by lymphocytic infundibulo-neurohypophysitis in a patient treated for Graves' disease. Intern Med 49(17): 1885-1890.
  9. Yamazaki M, Sato A, Takeda T, Komatsu M (2010) Distinct clinical courses in type 1 diabetes mellitus induced by peg-interferon-alpha treatment for chronic hepatitis C. Intern Med. 49(5): 403-407.
  10. Yamazaki M, Kosho T, Kawachi S, Mikoshiba M, Takahashi J, Sano R, Oka R, Yoshida K, Watanabe T, Kato H, Komatsu M, Wakuri K, Knappskog PM, Boman H, Fukushima Y (2010) Cold-induced sweating syndrome with neonatal features of Crisponi syndrome: longitudinal observation of a patient homozygous for a CRLF1 mutation. Am J Med Genet A 152A(3): 764-769.

 

修士課程 専攻案内

メニュー