• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

修士課程 医科学専攻

感染病態解析学(寄附講座)

分野の概要

国内では消滅したと考えられている寄生虫感染症ですが、国外特に熱帯亜熱帯地域からの輸入症例や、食肉を介した感染などの新興、再興感染症が社会問題になりつつあります。これらに対して有効な対策を講じるために、人獣共通感染症である寄生虫感染症に関する研究・教育を目的として2015年4月より設立されました。これまでどおり長野県内外の病院関係者からの寄生虫感染症・節足動物による病害などの相談にも応じます。

研究テーマ

本講座では、人獣共通感染症である寄生虫感染症の病態の解明と新たな診断・治療法の開発を目指し、以下のテーマについて研究を行っていきます。

1) トキソプラズマ症に対する感染防御機構の解明
2) カリニ肺炎の制御に関する分子群の免疫学的解析
3) 寄生線虫感染時のTh2免疫応答の解析kansenbyotai_01.jpg

kansenbyotai_02.jpg

 

スタッフ

教授

高本雅哉(特任教授)

主要な成果/Major Publications

  1. 高本雅哉, 中川道隆,田澤浩一,池田修一,小栁清光,後藤哲哉,吉澤明彦,山﨑浩:軽度の運動性失語を伴った脳マンソン孤虫症の1例.Clinical Parasitology,25:92-94, 2014
  2. 高本雅哉、金山敦宏、梅本紗央里、小野岳史、加來浩器、山口陽子、宮平靖、赤尾信明、大西健児、中村(内山)ふくみ、小林米幸、佐山理絵、高山英次、竹内勤、三浦左千夫、千種雄一、量倫子:在留外国人におけるトキソプラズマ罹患状況.Clinical Parasitology,21:93-96, 2010
  3. 伊藤路子, 青木見佳子, 高本雅哉, 松岡裕之, 川名誠司:お好み焼き粉に繁殖したコナヒョウヒダニによる即時型アレルギーの1例.皮膚科の臨床,52:561-564,2010
  4. 高本雅哉、菅根一男、金井信一郎、宮平靖:長野県における輸入糞線虫症の再興.Clinical Parasitology,20:48-50, 2009
  5. Hida S, Yamasaki S, Sakamoto Y, Takamoto M, Obata K, Takai T, Karasuyama H, Sugane K, Saito T, Taki S:Fc receptor γ-chain, a constitutive component of the IL-3 receptor, is required for IL-3-induced IL-4 production in basophils. Nat Immunol 10:214-22, 2009.
  6. Hu T, Takamoto M, Hida S, Tagawa YI, Sugane K:IFN-γ deficiency worsen Pneumocystis pneumonia with Th17 development in nude mice. Immunol Lett 127:55-59, 2009.
  7. Jin D, Takamoto M, Hu T, Taki S, Sugane K:STAT6 signalling is important in CD8(+) T-cell activation and defence against Toxoplasma gondii infection in the brain.
  8. Harada T, Takamoto M, Jin DH, Tada T, Sugane K: Young C3H mice infected with Toxoplasma gondii are a novel experimental model of communicating hydrocephalus. Neurol Res 29: 615-21, 2007.
  9. Ding K, Shibui A, Wang Y, Takamoto M, Matsuguchi T, Sugane K:Impaired recognition by Toll-like receptor 4 is responsible for exacerbated murine Pneumocystis pneumonia. Microb Infect 7: 195-203, 2005.