• 受験生の方へ
  • 医師の方へ
  • 企業団体の方へ
  • 卒業生の方へ
  • 地域の方へ
  • 在学生の方へ

修士課程 医科学専攻

衛生学公衆衛生学

分野の概要

本講座では環境・産業医学、疫学、公衆衛生の研究を行っています。フィールド(一般環境、職場、地域)における活動を重視していますが、フィールドで必要とされる基礎研究も講座内で行っています。衛生学、公衆衛生学分野の研究に向き合い、そこにある問題解決に向けて自己で考え、行動できるヒトの修士課程への入学を歓迎しています。詳しくは講座ホームページにある連絡先へご連絡下さい。

研究テーマ

  1. 有害要因の健康影響に関する研究(実験、疫学)
  2. 小児に及ぼす健康リスク要因解明に関する研究(疫学)
  3. 健康、長寿要因解明に関する研究(疫学)

スタッフ

教授

野見山哲生

講師重村倫成(兼務)
助教

上條知子

その他

7名

学生数

修士課程学生数

1名

研究室の所在及び連絡先

研究室の場所:基礎棟3階

主要な成果/Major Publications

  1. Harada O, Suga T, Suzuki T, Nakamoto K, Kobayashi M, Nomiyama T, Nadano D, Ohyama C, Fukuda MN, Nakayama J. (2007) The role of trophinin, an adhesion molecule unique to human trophoblasts, in progression of colorectal cancer. Int J Cancer. 2007 May 8; [Epub ahead of print]
  2. Takahashi T, Amano N, Asamura H, Nomiyama T, Hanihara T, Nakayama J, Fukushima H. (2006) Correlation between glial fibrillary acidic protein-positive astrocytes and age in the human hippocampus. Leg Med (Tokyo). 8: 161-165.
  3. Omachi T, Kawai Y, Mizuno R, Nomiyama T, Miyagawa S, Ohhashi T, Nakayama J. (2006) Immunohistochemical demonstration of proliferating lymphatic vessels in colorectal carcinoma and its clinicopathological significance. Cancer Lett. 246: 167-172
  4. Takebayashi T, Nishiwaki Y, Uemura T, Nakashima H, Nomiyama T, Sakurai H, Omae K. (2004) A six-year follow-up study of the subclinical effects of carbon disulfide exposure on the cardiovascular system. Occup Environ Med 61: 127-134.
  5. Nishiwaki Y, Takebayashi T, O'Uchi T, Nomiyama T, Uemura T, Sakurai H, Omae K. (2004) Six-year observational cohort study of the effect of carbon disulfide on brain MRI in rayon manufacturing workers. Occup Environ Med 61: 225-232.
  6. Miyauchi H, Tanaka S, Nomiyama T, Imamiya S, Seki Y. (2004) Comparison of degradation and permeation tests using four organic solvents on chemical protective gloves commercially available in Japan. J Science Labour: 118-122.

修士課程 専攻案内

メニュー