信州大学HOME

  1. ホーム
  2. スタッフ紹介

スタッフ紹介

駒津 光久  教授 

糖尿病・内分泌代謝学はこれからも益々発展する分野です。地元信州で、この分野を牽引する若手医師の育成に関われる事を誇りに前向きに進みます。医局員をはじめ関連する方々が十分に活躍できる環境を整えたいと思います。皆様の温かいご声援、ご協力をお願い申し上げます。

佐藤 吉彦  准教授 

これからますます発展していく糖尿病学、内分泌学の領域で、最先端の臨床と共に基礎研究や臨床研究にも目を向けつつ、日々楽しく仕事に励んでいます。活気のある医局作りを目指して(時には飲んで騒いで)、これからもがんばります。

山崎 雅則  准教授(医学部創薬科学講座) 

毎日忙しいですが、その分医師として成長できることを信じて頑張っています。私たちとともに診療・研究を通してホルモンのもつ偉大な力や神秘を感じてみませんか。

西尾 真一  講師 

東京都出身、信州大学卒です。28歳で医学部に入学しました。医師になってからも4年以上外国に研究留学しており、スタンダードな医師のコースからは、外れた生き方をしてきました。この医局には私のように大学を卒業した後に医学部に入学し医師となった先輩が何人もいます。これは内科としては珍しいのではないかと思います。自分のやりたいことがあれば自由にやらせてくれる気風のある医局です。このような自由度の高い医局にあって日々精進する毎日を送っております。

佐藤 亜位  助教 

大岩 亜子  助教 

いろいろな治療法が出てきておりますが、それぞれの患者様の生活環境や性格なども考慮に入れた上で、一番その方にとってベストでハッピーになるような治療を提供できるように日々努力しています。モットーは「生涯マニュアル車」です。

大久保 洋輔  助教 

しっかり勉強して頑張ります。

関戸 貴志  助教 

信州が好きで戻ってきました。一緒にがんばりましょう。

竹重 恵子  助教 

知れば知るほど楽しく奥深い分野だと思います。興味のある方は、ぜひ見学に来てください。

加藤 晃祐  医員 

北原 順一郎 助教 

糖尿病の患者さんは、その方その方にさまざまな人生や生活背景があり、それに応じた治療を行うことが求められます。そこが日々新鮮で面白いと考えています。一緒にがんばりましょう。

小林 由紀  医員 

長野県での生活も長くなりました。今後も頑張っていきたいと思います。

柴田 有亮  助教 

難しいですが、それ以上に楽しい分野です。一所懸命がんばります。考えることが好きな方も、ただ楽しいことが好きな方も是非!

川田 伊織 医員 

北島 浩平 医員 

佐野 麻美 医員 

内分泌代謝は難しい分野ですが、一つ一つ考えながら検査や治療を進めていく事がとても楽しいです。早く自信を持って診療できるよう、精進します。

提坂 浩之 医員 

服部 由紀子  非常勤医師 

やさしいお医者さんを目指します。よろしくおねがいします。

兼子 敦子  非常勤医師 

様々な病気を共に頑張っていらっしゃる患者さんとお話ししながら悩みつつ、最善の治療が出来る様に頑張ります。


出向中の先生

武井 真大  先生(長野赤十字病院)

河合 裕子  先生(長野赤十字病院)

樋渡 大   先生(長野市民病院)

宮腰 隆弘  先生(相澤病院)

横田 直和  先生(相澤病院)