ホーム >

全学教育機構とは

全学教育機構とは

全学教育機構は、信州大学が定める教育上の基本方針に基づき、本学の共通教育(各学部が編成する教育課程のうち、本学学生に対する教養教育、基礎教育及び日本語・日本事情に係る教育について、全学協力体制のもとに、全学共通に行う教育)の実施機関として、各学部と緊密に連携し、全学的な見地から共通教育に係る教育課程の企画及び円滑な実施を図るとともに、本学が掲げる高度専門職業人養成の教育目標を達成するため、学部一貫教育を前提に本学の教育に関する研究開発、企画及び支援を総合的に行うことを目的としています。

1年次生は、全学部生が全学教育機構で学びます。

信州大学は長野県内の5つのキャンパスに8学部が散在していますが、全学部の1年次(医学部医学科は2年次まで)は、松本キャンパスの全学教育機構に集い、共通教育科目を受講します。

全学の教育力を結集した共通教育を実施します。幅広い教養と基礎的能力を獲得できます。

信州大学の共通教育は、全学教育機構の教員とともに、全学部の教員が当然の責務として行うという全学協力体制に立脚しています。これにより、学生は、全学教員の専門知識を生かした、いわば大学の総力を結集した科目を学ぶことが可能になります。 信州大学は、幅広い教養と基礎的能力に基づく課題探求能力、豊かな人間性や国際性をもった人材育成を目指しております。

▲ページの先頭へ