国立 信州大学教育学部附属 長野小学校 本校の概要 校内の見学 学級のページ 初等教育研究会学校だより
ホームへ戻ります  これまでの研究案内 | 交通アクセス
初等教育研究会(12年度)




12年度初等研究会
初等教育研究会

研究テーマ

「総合学習で子供が育つ」

期日

平成13年1月19日(金)〜20日(土)



日目

■スケジュール
受付 
11:30〜12:00
全体研究発表 12:00〜12:30
学級公開   12:45〜13:30
学級懇談   13:45〜14:30
21世紀の教育を語る会 [第1部]シンポジウム 16:05〜14:50
[第2部]シンポジストと共に語る会 15:50〜17:30


■全体研究発表
自らの学びの筋道をつくりながら追究する子ども
発表者 片岡 宏文

■公開授業
学年組 教科等 題材名 授業者 会場
1年1組 生活科 なくなったヒツジさんの冬のえさ 田中 和幸 1年1組教室
2年3組 総合 2年3組で育てる聴導犬〜ポンポンとのお別れ〜 市川 忠宏 2年3組教室
3年2組 社会科 わたしたちのくらしと長野電鉄 和田 宏 3年2組教室
3年3組 総合 みんなとつくるミュージカル「テントウムシ物語」 武井 茂登 3年3組教室
4年3組 国語科 わたしたちの宝として地域に伝えられている一茶句碑 竹松 寿寛 4年3組教室
5年3組 総合 和太鼓の響きやリズムを感じながら表す「天地人」 田中 寿一 体育館
6年1組 音楽科 わたしたちの合奏「組曲『ガイーヌ』より収穫」 平野 隆一 学習センター

■学級懇談
学級担任と語り合おう!
今、総合学習で学ぶ子供、そして教師
授業での子どもの姿をもとに,
日々の授業実践の中で、感じていること・悩んでいることを共に語り合いましょう!
[参考資料]
★「子どもとつくるカリキュラム」(総合学習カリキュラム)
★「学級のあゆみ」
★「子どもがつづる学習の記録」

■21世紀の教育を語る会
[一部]シンポジウム
21世紀の教育を語る会「総合学習で育つ子ども
シンポジスト

閻 小妹先生

石井順治先生

早田和男氏

コーディネーター
佐伯 胖先生
[二部]シンポジストと語り合う会
ぶつけ合おう熱いおもい!語り合おう教育実践!


日目

スケジュール
受付 08:20〜08:50
開会式 09:00〜09:25
研究発表 09:40〜10:15
自由参観 10:40〜11:25
共同参観 11:45〜12:30
昼食 12:30〜13:25
子供のつどい 13:25〜13:55
研究協議会 14:15〜15:10
講演会 15:20〜16:20
閉会式 16:30

 
算数科
体育科
研究発表 子どもが 自己の数理を問い続けながら数理を創造していく算数科学習はどうあったらよいか 子どもが 自ら体をひらいていく体育科学習はどうあったらよいか
発表者/中村和雄 発表者/宮下昭夫
自由参観 1年3組
「みんなで考えるわたしたちのぶたのせいちょう」
3年3組
「未来にとびたつテントウムシの踊り」
関 智子 武井 茂登
自由参観 4年2組
「ならして比べる育て方によって違う収穫量」
5年3組
「和太鼓の響きやリズムを感じながら表す『天地人』」
中村 和雄 宮下 昭夫
共同参観 6年1組
「つくり残す わたしたちの算額」
「附属養護学校の友だちと楽しむプレイランド遊び」
桂本 和弘 森泉 雄二
研究協議 子どもはどのように自己の数理を事象や友の数理と関係づけながら自分らしい納得の世界をつくっていくのか 子どもはどのように場や状況に即応しながら自分の体になじむ動きを表出していくのか

■子どものつどい
全校児童による総合学習

「仲間ともに広くもの・ひと・ことを見つめながら今ここに生きる子ども、ともに生きる子ども」

■講演会
演題

「今求められている学びとは」
−総合学習で子どもが育つ−
講師/青山学院大学教授 佐伯 胖 先生

 


ホームへ戻ります 本校の概要校内の見学学級のページ初等教育研究会 ▲このページの先頭へ