Google translate                       

TEL. 0265-77-1642

〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304


   
from Jan.21,2006
学外者のみ 本日  昨日  

 

                                                           
  信州の豊かな自然、森林にふれあいながら、将来性豊かな学生たちを育てながら試験研究を行います
  蟻の目と鳥の目の技術をもとに、森を立体的に見える化し、専門的な立場で調査・診断・分析します
  
  • スマート林業のイノベ―ションを目指して研究開発と実証
     3kと言われる林業、志を持つ若者が活躍できる革新的な技術開発と産官学連携で実証し、林業の成長産業化とイノベーションを目指します。
  • オリジナル技術
    精密林業 人工衛星、航空機、ドローンなどの空からの計測技術で、広域の森林内にある樹木の立木位置、精密な樹冠情報を1本ごとに自動抽出し、小班や林班、市町村界で集計して、森林の樹種別本数、材積とバイオマスを提供します。従来の標準地(プロット)調査や熟練者による目測ではなく、客観的な高精度の全数調査で森林の資源内容を把握できるので、現地調査を省力化します(特許査定2件、特許出願2件)。
    ②森林被害のモニタリング 高緯度・高標高域にある長野県や東北で被害が深刻化している松くい虫被害について、自治体と連携して被害区分算定方法及び被害区分算定装置を開発しました(特許出願1件)。
  • 現場へのフィードバックスマート林業人材の育成
     研究成果をフィードバックすることで感謝され、現場に技術が浸透します。森林・林業の現場である森林管理署、県、市町村、林業事業体(森林組合)と企業(航空測量・ドローン・ソフトウエア)
    のみなさんと産官学の技術連携による技術開発と生産現場ヘの実証研究に取り組んでいます。スマート林業と現場経験で鍛えられた学生が当該分野で就職し、活躍できる人材を育成します。学生に学習の機会を与えることで原石が磨かれます。
  • グローバルに最先端のレーザ計測を技術開発
     日本、世界の森林管理に貢献できるように海外の研究者らと最先端の森林レーザ計測技術の共同開発を行っています。精密な三次元情報を自動取得できるレーザ計測は森林・林業分野に極めて有効な技術であり、多様な分野で利用できます。一方、技術習得の学習は森林科学の範疇を超えており難儀です。技術習得のため、海外武者修行して3年間、鍛え上げてきました。異分野の専門学習、大型研究予算の確保などハードルが高い分野ですが、学習の壁を超えると奥が深くとても面白く、夢中になって研究できます。感謝しています。
     研究室の学生はレーザ計測の原理、解析手法、ソフトウエア習得とプログラム開発、研究成果の確認、生産現場での実証研究というハードル(学習の壁)を一歩一歩、超えていき、スペシャリストになります。
     共同研究機関:最先端レーザ研究所(CoE-LaSR)フィンランド地理空間研究所(FGI)ヘルシンキ大学(HU)アルト大学(AU欧州空間情報研究機構EUROSDR)、SolidPotato Oy等。
  • 信大発ベンチャー 精密林業計測株式会社 ホームページ パンフ 
     信州大学の研究成果を活用したベンチャーを、本学URA室の支援をいただき、平成29年5月に起業しました
    代表取締役は竹中悠輝君です。松枯れ被害の広域精密計測を専門とする、真面目で礼儀正しく、お客様から信頼の厚い好青年です。皆様のご支援をよろしく御願いします。
     ①ICT先端技術のドローンとレーザ計測技術を使い、効率的で精密な森林情報を提供します。
     ②林業の生産現場や自治体が導入可能な価格で提供します。
     ③信州大学の特徴である地域貢献(大学の地域貢献度調査、4年連続一位)による産官学連携を推進します。
     ④生産現場のニーズに対応したビジネスモデルを創出し、林業の成長産業化とイノベーションを目指します。
    新聞報道  会社設立:信濃毎日新聞8月25日
          信大発ベンチャーの認定 日本経済新聞6月26日
          精密林業計測ドローンレーザー搭載、森林管理の手間省く 日本経済新聞9月5日
          信大ベンチャー精密林業計測に三井住友信託銀行が出資 日本経済新聞12月19日

    印刷物 森を空から情報化する会社、精密林業計測株式会社
        信大NOW 112号 7月31日 7-8頁、信州大学


Web NEWS
 2019年1月10日 日本林業成長産業化シンポジウム開催
  ※ 信州大学教員紹介:
信州大学農学部HP > 学科・コース案内 > 森林・環境共生学コース > 
加藤正人   

TOPICS    技術相談や講演依頼ありがとうございます。すべてに対応できないことをご容赦ください

  • 1月 本年もよろしくお願いします

    日本林業成長産業化シンポジウム
    ICTスマート精密林材業によるサプライチェーンシステムin東京」 開催
     1月17日
     プログラム フライヤー 参加申込み 定員350名になり締切り お礼申し上げます

    海外招聘教員のEetu先生とAna先生の最先端 森林レーザ計測研究の最終回を1月10日に行いました。二つの課題(LiDARから森林域の抽出、単木の抽出)を、受講生が2グループに分けて取り組み、英語でプレゼンテーションを行いました。ウィーン工科大学で使用するOPAL等のソフトウエアを使い、結果をまとめ、発表する形式であり、3年生や4年生にとってレベルの高いレポート発表でしたが、お二人の先生からGood, Excelentと褒めていただきました。これからも森林レーザ計測の研究に継続して取り組んでほしいとの要望を受けて、全12回の特別講義を終えました。二人は3ケ月間の信州滞在ですっかり親日家(片言の日本語を話す)になり、1/13にフィンランドに帰国しました。滞在期間中にお世話になった皆様にお礼申し上げます(1/14)。

    新年のご挨拶
    希望のある新しい年が始まりました。今年も諏訪大社上社でお参りしました。
    日本林業の成長産業化に向けて、チーム一丸となって貢献することを、心願成就。
    信州伊那は雪無しで、青空の晴天が続きます。朝晩は寒いですが、皆さまも風邪などひかぬように健康にご留意ください。本年も宜しくお願いいたします。

    新聞報道(特集) 新年の抱負とチャレンジ
    ・新たな時代へ受け継ぐ切り開く ⑤スマート林業 ドローンで生かせ山林 中日新聞 1月6日
      林業成長産業化に向けての取組みや考え方について述べました
    ・2019年私のチャレンジ ドローンで森林資源を守る 精密林業計測社長 竹中悠輝氏 日本経済新聞 1月5日
      新たな挑戦をし、活躍が期待される20~40代の1人として抱負を述べました


    1月行事:毎週木曜日は研究室ゼミ(1/11、1/19、1/26)
    Eetu先生ゼミ、予算要求打合せ
    (1/7)、林野庁挨拶回り、オープンイノベーション勉強会(1/7-9:東京)、 Eetuファミリーfarewellお茶会(1/9:加藤宅)、森林レーザ計測特別講義(最終回:1/10)、テニュアトラック審査、取締役ミィ-テング、URA工学部来学(1/11)、高主OG来学(1/14)、革新的技術開発事業体系別検討会(1/15:川崎)、ICTスマート精密林材業によるサプライチェーン(1/16-17:東京)、農水省概算要求説明会(1/18:東京)、大学入試センター試験(1/19-20)、教授会(1/21)、国際学会ILMF &ASPRS(1/26-2/1:アメリカ・デンバー)

  • 温故知新 2018年度のホームページ     

信州大学農学部
森林計測・計画(加藤正人)研究室

〒399-4598
長野県上伊那郡南箕輪村

TEL 0265-77-1642
FAX 0265-77-1642

書籍:森林リモートセンシング
信州大学 信州知の森
ブログ 森林空間