Google translate                       

TEL. 0265-77-1642

〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304


   
from Jan.21,2006
学外者のみ 本日  昨日  

 

                                                           
  信州の豊かな自然、森林にふれあいながら、将来性豊かな学生を育てながら試験研究を行います
  空と地上からのセンシング技術をもとに、3次元森林情報をもとに専門的な立場で調査・診断・分析します
  
  • 目標 スマート精密林業によるイノベ―ション
     3kと言われる林業、志を持つ若者が活躍できる革新的な技術開発と産学官金連携で実証し、若者や女性に魅力ある産業となるように日本林業の成長産業化とイノベーションを目指します。
  • 研究と技術開発、オリジナル技術の現場実証
    研究と技術開発
     大学で蓄積したノウハウと若く優秀な人材、信頼おける現場とフィールド、産学官連携のネットワークを生かして、林業の成長産業化に向けた世界標準の新技術の開発(R&D)に取り組みます。
    精密林業
     
    人工衛星、航空機、ドローン等の空からの計測技術で、広域の森林内にある樹木を一本ごとに樹種、立木位置、太さ、体積、樹形を精密に半自動で計測するのが「精密林業計測」です。小班や林班、市町村界で集計して、森林の樹種別本数、材積とバイオマスを自動算定します。安全・短時間・科学的に計測範囲全域の全数調査が可能な省力技術です。
    広葉樹資源の解析(新技術)

     広葉樹は自治体の約3~6割の面積を占め、有用広葉樹は高値取引が期待できます。長野県と協力して大学で開発した広葉樹の樹種特定技術を用いて、有用広葉樹区域の特定、材積推定、樹種分類、小班ごとの広葉樹の施業優先度マップ作成し、実証しています。
    森林被害のモニタリング
     
    高緯度・高標高域にある東北や長野県で被害が深刻化しているマツ枯れやナラ枯れ被害について、リモートセンシングとレーザ計測を組合わせて被害区分を算定する方法を開発しました。自治体やJAXA等と連携して実利用を目指します。
  • スマート林業の人材育成、講義と講演
     研究成果を現場へフィードバックすることで課題が見つかり、改善することで一歩一歩技術が普及します。森林・林業の現場である森林管理署、県、市町村、林業事業体(森林組合)、企業のみなさまとスマート精密林業オープン・コンソーシアムによる実証研究に取組み、新技術の開発と現地実証を進めています。

     スマート林業と現場経験で鍛えられた学生が当該分野で就職し、活躍できる人材を育成します。人を育てることは地道で手もかかりますが、学習の機会を与えること、学ぶことの意義を自覚することで原石が磨かれます。
     スマート林業の講義と講演依頼をいただき、お礼申し上げます。コロナ禍の影響もありオンライン講義にも対応しています。
  • グローバルに最先端のレーザ計測を技術開発
     日本、世界の森林管理に貢献できるように海外の研究者らと最先端の森林レーザ計測技術の共同開発を行っています。精密な三次元情報を自動取得できるレーザ計測は森林・林業分野に極めて有効な技術であり、多様な分野で利用できます。一方、技術習得の学習は森林科学の範疇を超えており難儀です。技術習得のため、海外武者修行で3年間、鍛え上げてきました。異分野の専門学習、大型研究予算の確保などハードルが高い分野ですが、学習の壁を超えると奥が深くとても面白く、夢中になって研究できます。感謝しています。
     研究室の学生はレーザ計測の原理、解析手法、ソフトウエア習得とプログラム開発、研究成果の確認、生産現場での実証研究というハードル(学習の壁)を一歩一歩、超えていき、スペシャリストになります。
     英会話はグローバル人材のコミュニケ―ションのツールです。世界一流の外国人研究者から聞きたいこと、学びたいことを学ぶため英会話を使います。
    研究室は英語力支援を行っています。毎年、フィンランド国の研究機関や大学から外国人特任教員として招聘し、最先端の森林レーザ特別講義と技術交流を行っています。
     共同研究機関:最先端レーザ研究所(CoE-LaSR)フィンランド地理空間研究所(FGI)ヘルシンキ大学(HU)アルト大学(AU欧州空間情報研究機構EUROSDR)等。
  • 信大発認定ベンチャー 精密林業計測株式会社 
     信州大学の研究成果を活用したベンチャーを、本学URA室の支援をいただき、平成295月に起業しました。
    代表取締役は竹中悠輝君です。松枯れ被害の広域精密計測を専門とする、真面目で礼儀正しく、お客様から信頼の厚い好青年です。皆さまのご支援をよろしく御願いします。
     ①ICT先端技術のドローンとレーザ計測技術を使い、効率的で精密な森林情報を提供します。
     ②林業の生産現場や自治体が導入可能な価格で世界標準レベルの森林情報を提供します。
     ③信州大学の特徴である地域貢献(大学の地域貢献度調査、4年連続1位)による産官学金連携を推進します。
     ④生産現場のニーズに対応したビジネスモデルを創出し、林業の成長産業化とイノベーションを目指します。

    新聞報道  会社設立:信濃毎日新聞8月25日
          信大発ベンチャーの認定 日本経済新聞6月26日
          精密林業計測ドローンレーザー搭載、森林管理の手間省く 日本経済新聞9月5日
          信大ベンチャー精密林業計測に三井住友信託銀行が出資 日本経済新聞12月19日
          2019長野 私のチャレンジ 精密林業計測 竹中社長  日本経済新聞2019年1月5日
          精密林業計測、ドローンでスマート林業普及をめざす  日本経済新聞2019年8月19日
          松くい虫被害、精密解析 精密林業計測         日本経済新聞2019年10月24日
         諏訪信金の地域ファンド、精密林業計測に出資      日本経済新聞2021年3月30日

    印刷物 森を空から情報化する会社、精密林業計測株式会社
          信大NOW 112号 2018年7月31日 7-8頁、信州大学

         三井住友信託銀行による出資を受け入れ
          信大NOW 115号 2019年1月31日 
    17頁、信州大学
         毎日みらい創造ラボによる出資を受け入れ
           信州大学サイト 2019年9月9日

  • Web NEWS 2021年10月12日(火曜)研究室紹介、メンバー、卒業生を更新 
    ※ 信州大学教員紹介:
    信州大学農学部HP > 学科・コース案内 > 森林・環境共生学コース >
    加藤正人

    トピックス 取材、技術相談、講演依頼ありがとうございます。全力で対応します。

    令和3年度林野庁各種事業が動き始め、委員会への出席が増えてきました。自治体からの依頼もあり林業成長産業化に向けて、全国でスマート林業導入が本格化しています
    • 10月 後期授業開始、現地検討会、令和3年度概算

      スマート精密林業の現地検討会
      ドローンを使用したクマ剥ぎ被害木の自動抽出 北信森林管理署
      ・ドローンを使用したマツ枯れ被害木の自動抽出
       

      令和3年度概算要求

      10月第3週から段階的制限緩和に対応(10/12)。
    • 9月 スマート林業関連の委員会が増加、長野県林業大学校

      ICT/AI技術を活用したスマート精密林業技術 9月13日~9月24日伊那市役所 1階市民ホール
      研究成果の展示 →詳しくはこちら
      新聞報道

      新技術で「スマート精密林業」伊那市役所展示 長野日報(9/14)
      AIなど活用し林業活性化 伊那市役所で信大研究室が成果展示 中日新聞(9/15)

      令和3年度のスマート林業、ドローン、レーザ計測等の委員会が増加
       
      令和3年度の各種事業が動き始め、委員会への出席が増えてきました(9/6)。

      長野県林業大学校 森林情報論を終えて
      9月6~9日、集中講義(15回)を行いました。1学年20名の全寮制、歴史ある木曽町で講義を担当して約15年になります。フレッシュな1年生に教える喜びがあります。日本林業の成長産業化に向けた考え、リモートセンシングとGIS、スマート林業の関心が高く、真面目に学習してくれました。充実して楽しい4日間でした。2年次にインターンシップで大学ベンチャーの精密林業計測が受入れることを伝えました。林業界に有為な人材が育つことを期待します(9/10)。
    • 8月 前期講義終了、研究室がパワーアップ

      2021年度メンバー →詳しくはこちら
       
      今年は大学院生が5名と多く、スマート林業の技術開発と森林管理署、林業事業体のみなさまとの現場実証を進めています。4年生は卒業研究テーマも決まり、現地調査など皆様のご支援をいただき、中部森林学会(10月開催)の発表に向けて取組んでいます。いずれも現場の皆様からの要望を受けて、課題解決や謎解きができる「是非、取り組みたい」と本人が判断した自主的研究です。これからの研究進展と自己成長に期待しています。後期より研究室に3年生1名が入室しました。研究室での活動を通じて興味ある研究テーマに取組み、森林・林業への貢献を期待します(8/5)。

      前期講義を終えて
       農学部(伊那キャンパス)は、マスク着用と三密回避の中で対面授業での講義と演習を、コロナ禍前と同様に実施しました。教室を見渡しながら、学生の様子がよくわかりました。大人数の共通教育科目はオンライン講義も併用しました。学生からの講義の感想や授業の評価を見て反省し、来年に向けて改善します。学生との相互学習する機会に感謝しています(8/5)。
    • 7月 文部科学省展示、特別講義、現場訪問

      文部科学省の報道発表と展示が公開(7/1~8/6)
       ・信州大学トピックス 文部科学省エントランス展示「ICT・AI技術を活用したスマート精密林業」
       ・上京できない関係者のために
         パンフレット →詳しくはこちら    YouTube動画を配信 →詳しくはこちら

      デンソー技術会 講演「スマート林業の取組みと今後」(7/16:Zoomウェビナー)
      異分野の森林・林業、スマート林業について講演する機会をいただきました。世界の自動車部品メーカーで、海外からも受講される方もあり、たくさんの質問(関心ごと、業務関連、個人所有の山林相談)をいただき、有意義な1時間30分でした。自動車搭載のLIDARと望遠カメラ、モビリィティ技術、通信システムなどは森林分野での活用も検討できると思います。講演の機会をいただき、お礼も申し上げます。

      伊那市西春近の民有林でスマート精密林業の演習
      (7/13)
      梅雨の合間に、森林コース3年生を対象にした森林計測GIS演習で、スマート精密林業の技術紹介とデモンストレーションを行いました。農学部と連携協定を結ぶ伊那市農林部のみなさまにお世話になりました。 →演習計画はこちら

      大学院博士課程向け最先端研究の特別講義
      4年目になります。希望して松本キャンパスで対面授業で行います。医学部、工学部の学生が多く受講しています。留学生も多いため英語での特別講義。「信州大学にはアクティブで面白い研究をしている先生がいるな」と思ってくれれば嬉しいです。7月3日(土)3・4限

      研究室学生の現場訪問
      研究室学生を引率して、森林・林業の現場の現状と課題を担当者から直接伺うことで、研究や進路に役立てることも目的に伺います。ご多忙中、人材育成によろしくご支援の程お願いします。
      中信森林管理署(7/7)、伊那市農林部(7/13実習で同行説明)、北信州森林組合(7/14:オンライン)、長野県林業総合センター(7/28)
    • 6月 卒業研究、修士研究、大型補助金採択、特許出願 

      特許出願 レーザ計測の林業現場への実装をさらに広げました。夢の技術です(6/24)
       広葉樹を単木レベルで3D区分する森林資源情報算定方法およびプログラム(特願2021-105040)
       
       「国内初」レーザセンシングによる広葉樹の樹種特定技術の開発に成功 

      精密林業計測が経産省の事業再構築補助金を採択(6/18)

       tsujyo_kanto01.pdf (jigyou-saikouchiku.jp) 66
       事業類型(枠):中小企業(通常型)2/3補助 
       事業計画名:三次元計測情報を活用するクラウド型森林経営支援システムの提供
       認定支援機関名:諏訪信用金庫


      修士研究
       修士2年(中川太人、藤平光輝)の二人はAR研究とAIでの苗木自動抽出技術を深化させ、研究室後輩の研究指導、調査同行で活躍しています。
       修士1年(中川真海、インショウ)は、スマホによる広葉樹研究と地上レーザー品等区分に取組んでいます。研究成果を期待しています。

      卒業研究
       共同研究でお世話になっている林野庁、長野県、北信州森林組合、北信森林管理署、伊那市の皆さまから、研究室に期待する技術開発要望を伺い、卒業研究として取組み可能か、学生が関心があるかなど、ゼミで議論して、4年生本人が決めました。いずれも森林行政や現場ニーズが高く、地域貢献も期待される卒業研究です。5月連休明けから現地調査等で皆様にお世話になっております。3名は大学院進学予定です。人材育成で、よろしくご指導のほどお願いします(6/9)。
      ・ドローンを用いた広葉樹林と針広混交林の樹種区分技術の開発:太田陽斗(大学院進学)
      ・DEMデータを活用した高性能林業機械使用基準とマッピング:唐澤亮(大学院進学)
      ・ドローンによるクマ剥ぎ被害木のAIによる自動抽出:陌間芳野(大学院進学)
      ・航空機LIDAR及びUAV画像による森林境界明確化:志鎌大成(民間就職内定)

    • 5月 対面講義と演習、魅力ある講義、令和3年度研究計画

      対面講義と演習
       伊那キャンスでは、三密回避のマスク着用で対面授業を実施しています。教室に入ると学生全員の様子が見え、クラスの雰囲気や学生たちの反応を見ることができます。質疑や雑談を通じての笑いを取ることもでき、楽しい授業ができます(5/16)。

      魅力ある講義
       どうしたら学生にとって、魅力ある授業ができるのだろうか。専門分野に関心をもってもらい、人を育てることができるか。20年間、繰り返し考え、悩み、取組んできました。ようやく授業のあり方や対応の仕方が落ち着いてきました。レーザ計測、ドローン、スマート林業が林業の成長産業化の中心技術となったことで、学生も関心が高くなり、双方向で学習意欲が増すスタイルに変りました。嬉しいことです。まだ改善は必要ですが、目指していた授業スタイルに近づきました。学生教育よって自分が教育され、鍛えられています(5/16)。

      演習するフィールド
       
      大学には構内演習林という恵まれたフィールドがあり、午前中教室で講義して、午後からキャンパス内の演習林を使用して実習という農学部の恵まれた教育環境の中で実施しています。研究成果の社会実装では、林業の本場である長野県、北信森林管理署、北信州森林組合、伊那市のみなさまにお世話になっております。今年もよろしくお願いします。

      令和3年度研究計画 日本林業のあるべき針路を考える

       日本林業を成長産業化するにはどうすべきか、研究開発と社会実装でお世話になってる産学官連携のスマート精密林業コンソーシアムのみなさまと、令和3年度取組み内容の意見交換、計画と予算申請を行っています(5/14)。
    • 4月 授業開始、産学官連携のコーディネイトと企画提案、科研費採択、特許出願

      前期授業は4月7日(水)より開始。
      対面授業で実施します。
      ・森林情報学(火曜2限)24番教室 4/13~
      ・森林計測・GIS演習(火曜3~5限)24番教室 4/13~
      ・専攻演習(3年生研究室志望学生 水曜4限)4/7~
      ・研究室ゼミ(4年生以上8名と教員2名、水曜11:00~14:30)

      新4年生 4名の卒業論文テーマ
      卒論テーマが決まりました。林野庁、中部森林管理局、森林管理署、自治体、林業事業体の皆様から、研究室に対する現場ニーズと要望課題(研究シーズ)を伺い、4年生本人が興味を持ち取組みたい内容について、研究室ゼミで議論を重ねて決めました。期待の大きさを感じると共に魅力的なテーマです。ご多忙中に、対応いただきお礼申し上げます。
      4年生には卒業研究の成果が自己満足で終わるのではなく、現場の課題解決に向けて取組むことで、感謝されてやりがいのある研究につながることを伝えています(4/3)

      産学官連携推進の現場訪問と企画提案
      令和3年度研究概要説明のため指導学生を引率して,スマート林業推進と人材育成に向けて前進します。ご多忙中、よろしくお願いします。
      北信州森林組合、伊那市(4/16)、内閣官房・林野庁(4/19)、スマート精密林業コンソ・文科省企画展示ロケ(4/21)、北信森林管理署(4/22)、長野県庁林務部(4/23)訪問。

      科研費内定(4/2)
      基盤研究(B)(一般)空と陸の次世代レーザセンシング統合による立木の高精度な品等区分技術の開発(R2-4)
      研究代表者:加藤正人、研究分担者:トウソウキュウ

      特許出願(4/19)ドローン空撮画像から造林技術の安全で科学的な省力化技術

      AIを用いて植栽木を自動検出方法およびプログラム(特願2021-070641
      「国内初」ドローンを使用したAIによる苗木の抽出

    • 3月 卒業、年度末報告、委員会

      精密林業計測「SUWASHIN地域応援ファンド1号」による投資実行 日本経済新聞 信濃毎日新聞

      第132回日本森林学会(3/23)

      研究室から323日(火曜) 大会講演集  14
      経営2(Room1 研究室から院生3名が口頭発表
      D12 13151330 藤平光希(新M2)
      D13 13301345 中川太人(新M2)
      D18 15001515 加藤正人
      D24 16451700 中川真海 (新M1)
      経営部門はドローンとレーザ計測、AIの研究発表が増えています。

      農学部卒業式
      (3/21)
      雨になりましたが、修士2年生と4年生が旅たちました。社会人での活躍を期待します。

      年度末報告会と会議
      年度末となり報告書作成のピークです。毎日オンライン会議に出席している気がします。緊張した日が続いています。お声掛けいただき御礼申し上げます(3/19)。

      留学生が修士合格
      12月から研究生で来日していた山東農業大学情報科学工程学部の殷暁(インショウ)君が修士試験を合格し、4月から研究室配属になります。勉強熱心で短期間で日本語習得と会話ができるようになりました。修士論文はレーザデータを用いた深層学習による単木抽出、樹種分類および品等区分技術の開発です。

      内閣官房成長戦略会議 「第2回スマート農林水産業ワーキンググループ」(3/3)  
       スマート林業と最先端技術で、北信州森林組合・信州大学・精密林業計測がプレゼンテーション

       素晴らしい機会でした。日本林業成長産業化に向けた考え方と取組み方法を提言しました。

    • 2月 基調講演、修論・卒論発表会、オンライン委員会、令和3年予算申請
      年度末のためオンライン会議(林野庁3件、長野県、北海道など)が集中してきました。
      補正予算と令和3年度予算申請で、研究代表者としてプロジェクト応募申請で、スマート精密林業コンソーシアムの皆様との連絡調整を行っています。申請・採択に向けて息の抜けない時期となりました。申請する機会をいただき感謝しております(2/3)。

      権威ある国際ジャーナルに掲載 信大HP 研究トピックス(2/3)

      令和2年度林業機械化推進シンポジウム コロナ禍における林業DXへの取組み  
       基調講演の機会をいただき御礼申し上げます。690名登録(ライブ配信:2/5)
       会場には行けないため、オンラインのライブ配信に変更になりました。
       日本林業をどうしたら林業成長産業化ができるか、コロナ禍いおける林業DXへの取組みについて
       講演テーマの「スマート精密林業によるノベーション」 で紹介させていただきます(2/5)。
       
      卒業研究発表会(2/15,16)
       修士生(林悠介)、学部生(中川真海・御園大輔・宮島希実)の卒業発表会の時期となりました。それぞれが、個性を生かした研究に取り組みました。学部生3人は中部森林学会で一度研究発表していますので、さらに研究レベルが上がっています。岩井望禄は覚悟を決めて自らの道を選択しました。みなさん頑張ってください。
    • 1月 ご挨拶
      心身ともに元気です。今年も宜しくお願いします。
      伊那は雪のない年始年末で、帰省しなった子供たち、学生は帰省した中で、静かで穏やかな時を過ごしました。諏訪大社神府に日本林業の成長産業化に向けて研究室、スマート精密林業コンソ-シアム、みなさまと前進することを祈願。
      チャレンジします。

      令和2年度中部林業技術交流発表大会 審査委員(中部森林管理局:1/28-29)
       コロナ禍の開催ということで、オンラインのライブ配信となりました。私は国有林の部15件の審査と講評を担当しました。業務の合間に課題解決をテーマにしてデータ収集、発表用プレゼン資料作成、要旨提出、本番のプレゼンテーション、いずれも充分に到達点に達した素晴らしい発表でした。治山分野でのドローンの活用、森林技術での多様な森づくり、鳥獣対策など印象に残りました。事務局の技術普及課の皆様には2日間、お世話になりました。(1/30)

      第3次補正予算、令和3年度概算に向けて予算申請
      みなさまとWin-Winで、スマート林業で森林林業を元気にすべく構想を練っています。
      素晴らしいメンバーと申請案を作成でき、感謝しております。

      健康とコロナ禍に気をつけながら、みなさまとお会いできるを楽しみにしています。

      信州大学ホームページ トピックス
      「国内初」ドローンを使用したAIによる苗木の抽出 
      「国内初」レーザセンシングによる広葉樹の樹種特定技術の開発に成功 
       

信州大学農学部
森林計測・計画(加藤正人)研究室

〒399-4598
長野県上伊那郡南箕輪村

TEL 0265-77-1642
FAX 0265-77-1642

書籍:森林リモートセンシング
信州大学 信州知の森