Google translate                       

TEL. 0265-77-1642

〒399-4598 長野県上伊那郡南箕輪村8304


   
from Jan.21,2006
学外者のみ 本日  昨日  

 

                                                           
  信州の豊かな自然、森林にふれあいながら、将来性豊かな学生を育てながら試験研究を行います
  空と地上からのセンシング技術をもとに、3次元森林情報をもとに専門的な立場で調査・診断・分析します
  
  • 目標 地域の皆様から信頼を頂き、地域と森林に貢献する人材を育てること
    志を持つ若者が活躍できる先進的なスマート林業技術の開発と産学官金連携で現場実証。地域に貢献できる人材を育成します。
  • 産学官連携での技術開発と社会実装
    研究と技術開発
     大学で蓄積したノウハウと若く優秀な人材、信頼おける現場とフィールド、産学官連携のネットワークを生かして、林業の成長産業化に向けた世界標準の新技術の開発(R&D)に取り組みます。
    スマート精密林業
     
    人工衛星、航空機、ドローン等の空からの計測技術で、広域の森林内にある樹木を一本ごとに樹種、立木位置、太さ、体積、樹形を精密に半自動で計測するのが「精密林業計測」です。小班や林班、市町村の境界で集計して、森林情報を見える化します。スマート(安全・短時間・科学的)に計測範囲全域を調べることができます。
    針葉樹、そして広葉樹も1本1本の樹種分類(国内外初 特願2021-105040)

     広葉樹林は自治体森林の約3~6割の面積を占め、有用広葉樹は家具材など高値取引が期待できます。空からのリモートセンシングでは困難と言われていた広葉樹の単木レベルでの樹種特定技術を開発しました。有用広葉樹を特定し、樹形と材積を把握します。安価なチップとして利用されている広葉樹の木材価値の向上に活用できます。
    AI林相区分図で森林境界明確化(特願2023-038748)
     所有者不明の森林や森林境界明確化が遅れているので地域林業が進んでいません。ドローン、レーザ計測、AI技術を活用して森林境界の推定線を自動判別する技術であり、R6から地域の産学官連携で実証を始めます。
    森林被害の解析(特願2022-006647)
     
    全国で被害が深刻化しているマツ枯れやナラ枯れ被害について、ドローン空撮画像からAIで被害木を自動抽出する方法を開発しました。自治体やJAXA等と連携して現場実装を進めています。
  • スマート林業の人材育成、講義と講演
     研究成果を現場へフィードバックすることで課題が見つかり、改善することで一歩一歩技術が普及します。森林・林業の現場である森林管理署、県、市町村、林業事業体(森林組合)、企業のみなさまとスマート精密林業オープン・コンソーシアムを設立して、課題解決のための新技術の開発と社会実装を進めています。

     スマート林業と現場経験で鍛えられた学生が当該分野で就職し、活躍できる人材を育成します。人を育てることは地道で手もかかりますが、学習の機会を与えること、学ぶことの意義を自覚することで飛躍的に伸びます。
     最先端のスマート林業と森林経営の講演依頼をいただき、お礼申し上げます。オンラインにも対応します。
  • グローバルに最先端のレーザ計測を国際共同開発
     日本、世界の森林管理に貢献できるように海外の研究者らと最先端の森林レーザ計測技術の共同開発を行っています。精密な三次元情報を自動取得できるレーザ計測は森林・林業分野に極めて有効な技術であり、多様な分野で利用できます。
    フィンランド国の研究機関や大学から外国人特任教員として、最先端の森林レーザの技術交流を行っています。
     共同研究機関:最先端レーザ研究所(CoE-LaSR)フィンランド地理空間研究所(FGI)UNITE(Academy of Finland)等。
  • 大発発ベンチャー 精密林業計測株式会社 
     大学で開発してきたレーザ計測、ドローン、デジタル、AI、スマート林業の知財技術を社会実装するために、大学発ベンチャーを本学産学連携室の支援をいただき、2017年に起業しました。森林・林業の課題で対し、自治体、現場の皆さまと協力して、解決に向けて一歩一歩進めていきます。ご支援を宜しくお願いします。

    ・山林所有でお困りの方ご連絡ください。
    地域に貢献する会社としてIndani-seesギャラリーパネル展示 1/16(火)~2/5(月)まで →こちら
    ・新入社員の入社式を行いました。社会人経験で地元出身者であり、地域貢献での活躍が楽しみです。→こちら
    ・本社オフィスをIndani-sees(伊那市産学官連携拠点施設)に移転しました こちら
    ・森林の未来のために一緒にチャレンジする仲間を募集しています →こちら

       
  • Web NEWS 2024年2月24日(土)表紙

    トピックス 講演、スマート林業のご相談、依頼ありがとうございます。
    ・SX実現に向けた衛星データ活用セミナー(3/1) →こちら 
    ・宮田村国際交流 韓国Dream maker(2/23 村民会館)
    ・林業イノベーション現場実装シンポジウム「新しい林業」の実践(2/9)→こちら
     
    ・日経SDGsフェス 森林、木材の利活用で実現する脱炭素社会(12/7)こちら

    • 2月 新学期 森林情報学テキストの復刊、森林リモートセンシング第4版
       令和5年度の行事、研究、委員会のとりまとめ報告会の時期になりました。学生にとって卒業発表会のあるこの時期は一番忙しいですが、充実した勉学期間です。唐澤君(M2)、頑張ってください。

      令和6年度 森林系大学の森林情報学、森林リモートセンシングのテキストが復刊

      品切れとなっていた書籍『森林リモートセンシング 第4版』(2014年刊)をBOD(オンデマンド出版)で復刊しました。
      全国の書店やネット書店等でご注文・お取り寄せができます。 日本林業調査会(J-FIC)に感謝します。
      書 名:森林リモートセンシング 第4版 基礎から応用まで
      編著者:加藤正人(信州大学教授)
      定 価:3,300円(本体価格3,000円)
      規格等:B5判 400頁 ISBN978-4-88965-238-3
      刊行日:2014年4月17
      復刊日:2022年4月1日
      本書の詳しい内容などは、こちらからどうぞ
    • 1月 地域貢献
       今年も宜しくお願いします。雪のない穏やかな新年を家族で迎えました。
       兼業の大学発ベンチャーの代表取締役に就任して、周囲に支えられて1年を過ごしました。皆様から暖かいご支援と信頼をいただき、お礼申し上げます。前に進んでいます。
       
      お正月明けからお酒をやめました。正確には晩酌をやめました。来訪した飲み友達の堀澤課長(北信州森組)から「病気でもなったんですか」笑い。心身共に元気です。

      地方大学、大学発ベンチャーの役割は「地域貢献」
       昨年は長野県内の自治体、森林組合、林業企業を訪問し、地域から必要とされる課題とニーズを伺いました。地方大学とベンチャーの役割は、地域から必要とされる技術を開発し、信頼を頂いた上で、産学官連携で現場実装を進めていくことです。世界標準の新技術を開発し、地域拠点(Inadani-sees)で若者を雇用し、現場実装によるイノベーション創出を目指します。ご支援の程、よろしくお願いします。

      新聞報道 森林の新たな価値 産官学で関わり、創る
      日本経済新聞 1月24日 産官学で関わり、創る |NIKKEI SDGs Forest Portal|日本経済新聞
      パネルディカッション② 異業種共創を原動力に アカデミアの活用も力
       モリアゲの長野コーディネータに感謝します。コメントさせていただきました。

      日経SDGs フォーラム 森林、木材の利活用で実現する脱炭素社会2023(12/5) アーカイブ配信 →こちら
       パネルディシカッション1 産学、さらに企業間連携による森林への取組み 学識経験者で登壇
        こちら
       パネルディシカッション2 森林と企業の共創~まとめ~ こちら

信州大学農学部
森林計測・計画(加藤正人)研究室

〒399-4598
長野県上伊那郡南箕輪村

TEL 0265-77-1642
FAX 0265-77-1642

書籍:森林リモートセンシング
信州大学 信州知の森