信州大学HOME

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 医学科
  4. 教室案内
  5. 外科学(乳腺内分泌外科学分野)

医学科

外科学(乳腺内分泌外科学分野)

教室の概要

私たちの研究室では、腫瘍学、遺伝子治療、再生医療、臓器移植、生体侵襲、人工臓器をキーワードに、臨床応用にむけた広範な分野での学際的なトランスレーショナルリサーチを行っています。

研究テーマ

腫瘍研究グループ

発がんメカニズム、遺伝子発現と治療成績、抗ガン剤に対する薬剤耐性などを中心に遺伝子レベルで研究し、嫌気性菌ベクターによる腫瘍選択的がん治療法の開発を行っています。この研究グループから信州大学発ベンチャーが誕生し、画期的ながん治療法の確立をめざしています。また、非常に珍しい心臓粘液腫の本態を明らかにする研究も行っています。

移植・再生グループ

虚血肢や心筋梗塞に対する骨髄幹細胞移植や嫌気性菌ベクターを用いた血管再生療法、マウス異所性心移植モデルを用いた拒絶反応の研究などを行っています。

生体侵襲グループ

主として肺障害の発症メカニズムやその治療法について研究しています。

主な成果

  1. Ito T, Kamijo S, Izumi H, Kohno K, Amano J, Ito K.
    Alteration of Y-box binding protein-1 expression modifies the response to endocrine therapy in estrogen receptor-positive breast cancer.
    Breast Cancer Res Treat.133(1):145-159.2012
  2. Koyama H, Tiangang Zhuang, Jennifer E Light, Venkatadri Kolla, Higashi M,Patrick W McGrady, Wendy B London, Garrett M Brodeur .Mechanisms of CHD5 inactivation in neuroblastomas.
    Clin Cancer Res.18(6):1588-1597.2012
  3. Ito K, Hanamura T, Murayama K, Okada T, Watanabe T, Harada M, Ito T, Koyama H, Kanai T, Maeno K, Mochizuki Y, Amano J.
    Multimodality therapeutic outcomes in anaplastic thyroid carcinoma: improved survival in subgroups of patients with localized primary tumors.
    Head Neck. 34(2):230-237.2012

スタッフ

教授 伊藤研一
准教授 前野一真
講師 伊藤勅子
助教 金井敏晴