信州大学HOME

  1. ホーム
  2. 学部
  3. 医学科
  4. 教室案内
  5. 内科学第三

医学科

内科学第三 専用サイト

教室の概要

第3内科は神経内科、リウマチ・膠原病内科を中心とした診療と臨床研究(治療法の開発・疾病の原因究明)を行っています。診療と研究は別のものではありません。優れた臨床医でなければ出来ない、基礎医学者とは別の視点に立った研究を進め、日常診療に還元することを心がけています。また、研究に従事することで、より優れた臨床医になることを目標にしています。第3内科のスタッフの多くはそれぞれの専門領域では世界的に有名な施設での研鑽を積んでおり、診療、研究の指導にあたっています。初期研修での内科研修を行った後に専門医としての臨床研修と研究を開始します。研究は大学院に入学して行うことを勧めています。その後、より専門を深めるために国内外の大学病院、研究所へ数年間留学することを率先して行っています。

研究テーマ

臨床に則した以下の4本の柱で研究をしています。

1.病理形態

認知症、ニューロパチー、筋疾患などの発生機序に関する研究。
アミロイドーシスの臨床病理学的研究。

2.生理

脊髄反射・運動単位電位記録・表面筋電図・経頭蓋磁気刺激・誘発電位・脳磁図などを用いた、中枢性運動障害の研究。パーキンソン病など基底核疾患に対する定位脳手術で得られたデータの解析

3.生化学・分子遺伝学

神経・筋疾患、アミロイドーシス、成人型シトルリン血症、脊髄小脳変性症などを中心に内科疾患の成因・診断・治療に関する分子生物学・蛋白化学・臨床遺伝学的研究。

4.膠原病・リウマチ疾患

臨床研究として、関節リウマチ、膠原病に対しての新しい治療の試み。関節リウマチに伴うアミロイドーシスの成因の解明と、新しい治療法の開発。免疫グロブリンアミロイドーシスに対する新たな化学療法の研究。フローサイトメトリーを用いた膠原病のリンパ球解析。

主な成果

  1. Shimojima Y, Ichikawa T, Kishida D, Takamatsu R, Sekijima Y. Circulating regulatory T cells in adult-onset Still’s disease: focusing on their plasticity and stability. Clin Exp Immunol 2021; 206: 184-195.
  2. Takasone K, Katoh N, Takahashi Y, Abe R, Ezawa N, Yoshinaga T, Yanagisawa S, Yazaki M, Oguchi K, Koyama J, Sekijima Y. Non-invasive detection and differentiation of cardiac amyloidosis using 99mTc-pyrophosphate scintigraphy and 11C-Pittsburgh compound B PET imaging. Amyloid 2020; 27: 266-274.
  3. Shimojima Y, Kishida D, Ueno KI, Ushiyama S, Ichikawa T, Sekijima Y. Characteristics of circulating natural killer cells and their interferon-γ production in active adult-onset Still disease. J Rheumatol 2019; 46: 1268-1276.
  4. Adams D, Gonzalez-Duarte A, O'Riordan WD, Yang CC, Ueda M, Kristen AV, Tournev I, Schmidt HH, Coelho T, Berk JL, Lin KP, Vita G, Attarian S, Plante-Bordeneuve V, Mezei MM, Campistol JM, Buades J, Brannagan TH 3rd, Kim BJ, Oh J, Parman Y, Sekijima Y, Hawkins PN, Solomon SD, Polydefkis M, Dyck PJ, Gandhi PJ, Goyal S, Chen J, Strahs AL, Nochur SV, Sweetser MT, Garg PP, Vaishnaw AK, Gollob JA, Suhr OB. Patisiran, an RNAi therapeutic, for hereditary transthyretin amyloidosis. N Engl J Med 2018; 379: 11-21.
  5. Schonhoft JD, Monteiro C, Plate L, Eisele YS, Kelly JM, Boland D, Parker CG, Cravatt BF, Teruya S, Helmke S, Maurer M, Berk J, Sekijima Y, Novais M, Coelho T, Powers ET, Kelly JW. Peptide probes detect misfolded transthyretin oligomers in the plasma of hereditary amyloidosis patients. Sci Transl Med 2017; 9: eaam7621.
  6. Sekijima Y, Yazaki M, Oguchi K, Ezawa N, Yoshinaga T, Yamada M, Yahikozawa H, Watanabe M, Kametani F, Ikeda SI. Cerebral amyloid angiopathy in post-transplant patients with hereditary ATTR amyloidosis. Neurology 2016; 87: 773-781.
  7. Wen Z, Shimojima Y, Shirai T, Li Y, Ju J, Yang Z, Tian L, Goronzy JJ, Weyand CM. NADPH oxidase deficiency in aging CD8 regulatory T cells. J Clin Invest 2016; 126: 1953-67.
  8. Sekijima Y. Transthyretin (ATTR) amyloidosis: clinical spectrum, molecular pathogenesis and disease-modifying treatments. J Neurol Neurosurg Psychiatry 2015; 86:1036-1043.
  9. Berk JL, Suhr OB, Obici L, Sekijima Y, Zeldenrust SR, Yamashita T, Heneghan MA, Gorevic PD, Litchy WJ, Wiesman JF, Nordh E, Corato M, Lozza A, Cortese A, Robinson-Papp J, Colton T, Rybin DV, Bisbee AB, Ando Y, Ikeda S, Seldin DC, Merlini G, Skinner M, Kelly JW, Dyck PJ; Diflunisal Trial Consortium. Repurposing diflunisal for familial amyloid polyneuropathy: a randomized clinical trial. JAMA 2013; 310: 2658-2667.
  10. Sekijima Y, Wiseman LR, Matteson J, Hammarstrom P, Miller SR, Sawkar AR, Balch WE, Kelly JW. The biological and chemical basis for tissue selective amyloid disease. Cell 2005; 121: 73-85.

スタッフ

教授 関島良樹
准教授 下島恭弘、加藤修明(兼務)
講師 小平 農、宮﨑大吾(兼務)、日根野晃代(兼務)、中村勝哉(兼務)、岸田 大
助教 吉長恒明、高曽根 健、市川貴規