本文へスキップ

信州大学 理学部 物理科学科 宇宙線実験研究室(全学教育機構)

メンバーMEMBERS

現在のメンバー

役職/学年 名前 研究テーマ  個人ページ
教授 三澤 透 クェーサー吸収線を使った研究全般  
博士2年 伊東 大輔 AGNアウトフローの角度依存モデルの検証
修士2年 石田 大 mini-BALクェーサーの物理量変化の追跡
修士1年 清原 雅司 変動する低電離NALの起源の解明  
学部4年 杉森 加奈子 宇宙膨張の直接検出に要求される観測性能  
学部3年 劉 強 時間変動するmicro-BALの探査  
学部3年 小池 由稀奈 時間変動するmicro-BALの探査  

博士論文・修士論文・卒業論文

博士論文
 2017年度 小山田涼香  重力レンズクェーサーを用いた銀河周辺物質の局所的内部構造の解明
 2016年度 堀内貴史   AGNアウトフローにみられる時間変動の起源の解明

修士論文
 2017年度 伊東大輔   AGNアウトフロー角度依存モデルの検証
 2016年度 和田久    光電離モデルを用いたクェーサー視線上のシングル/ダブルCIV吸収体の物理状態の解明
 2015年度 高橋一馬   イオン化したフラーレン(C60+)を起源にもつDIBの高分散分光モニター
 2013年度 堀内貴史   アウトフローガスとクェーサー光度に見られる時間変動の相関関係
 2013年度 小山田涼香  レンズクエーサーを用いた多視線による高赤方偏移吸収体の諸性質の解明
 2013年度 岡本理奈   星形成領域における近赤外DIBsと電離フラーレン(C60+)の関係

卒業論文
 2018年度 LEE INSEOB 遠方宇宙での微細構造定数の変動を探るための望遠鏡の考察
 2018年度 清原雅司   時間変動を示す銀河間ガスの起源を探る
 2017年度 奥谷椋一   レンズクェーサーHST14176+5226の視線上にみられる重力レンズ天体の探査
 2016年度 佐藤脩介   超高分散分光スペクトルを用いたCIV吸収体の赤方偏移分布調査
 2015年度 大畑幸大   Sloan Digital Sky Surveyを用いた小離角ペアクェーサーの探索
 2015年度 伊東大輔   mini-BALクェーサーQ1157+014視線上におけるintrinsic NALの探査
 2014年度 河口美穂   光電離モデルを用いたクェーサーQ0450-1310視線上にあるCIV吸収体の物理状態の解明
 2014年度 和田久    光電離モデルを用いたクェーサーQ1103+6416視線上にあるCIV吸収体の物理状態の解明
 2013年度 高橋一馬   大気吸収線の環境依存性
 2012年度 山崎綾紗   クェーサーHE0151-4326に見られる吸収線の時間変動について
 2011年度 小山田涼香  クェーサーHE0001-2340の視線上にある吸収体の性質
 2011年度 岡本理奈   クェーサーHE0515-4414の視線上にある吸収体の性質